かさをかぶせたじいさまの気持ち

GOOD!
2543
回閲覧
25
GOOD

作成者: シリウスさん

雪に埋もれているじぞうさまを見つけ、売り物のかさをかぶせてあげる場面を学習した。
まず”おきのどくにな”という言葉に注目をした。

じぞうさまが、お気の毒とわかるのはどの言葉ですか?

  • おつむの雪
  • ほおべたにしみ
  • はなからつらら
  • ぬれてつめたい

いくつもの言葉を見つけることができた。これらの言葉を使って、じぞうさまの絵を描かせても面白い。

じいさまは、このときどんなことを思っていたでしょう。

  • 売れ残ったかさが少しでも役立つように
  • じぞうさまの方がもっと冷たいよ。
  • おらも寒いが、じぞうさまは、もっと冷たいだろう。
  • ばあさま、ごめんね。

じいさまは、一言で言うと、どんな人ですか?

優しい人

  • おつむの雪を かきおとしました
  • かたやら せなかを なでました
  • 「かさこを かぶってくだされ」
  • しっかり あごのところで むすんで
  • 「おらのでわりいが こらえてくだされ」
  • つぎはぎの手ぬぐいを とると
  • 「これでええ。これでええ」

じいさまのたくさんの優しさが見つかった。このじいさまの優しさは、あとで、ばあさまにも向けられる。

じいさまの心の中は、ばあさまと自分のどちらのことをたくさん考えていただろう?

これも前と同じように、ハートマークを描き、そのうちのどれほどの割合で、じいさま・ばあさまに区切られるのか、区切り線を入れさせた。じいさま部分が大きければ、自分のことを考えていたし、ばあさま部分が大きければ、ばあさまのことを考えたいたこととが分かる。子どもたちの描いたハートマークは、じいさま・ばあさま、半分半分のものがほとんどだった。

同じくらい大切にしている

  • 心の中で、ばあさまに「すまん、ごめん」と思った。
  • 傘をあげていいか?と聞いた
  • 傘が売れなかったらじぞうさまにあげてもいいか、と聞いたかも

このように、ばあさまに対して申し訳ないと思っていると感じたようである。

出典:シリウス/静岡教育サークル http://homepage1.nifty.com/moritake/index.htm

コメント

コメントはまだありません

    より良い実践のためには、あなたの励ましや建設的な対案が欠かせません。
    ログインして、ぜひコメント欄をご活用ください。