「ドッジボール」で男女の協力について話し合う(坂本哲彦先生)

GOOD!
8615
回閲覧
21
GOOD

作成者: EDUPEDIA編集部 (Edupedia編集部)さん

1、はじめに

 この記事は、坂本哲彦先生が運営されているホームページ、「坂本哲彦 道徳・総合の授業づくり」から引用させて頂いたものです。坂本哲彦先生のホームページはこちら→ http://p.tl/a-TK-

2、概要

【対象】

 小学5・6年生

【ねらい】

 互いに信頼し、学び合って友情を深め、男女仲よく協力し助け合おうとする心情を高める。

【学習内容】

(1) アメリカの報道(一部の学校区でドッジボール禁止)について自分なりの考えをもつこと。
(2) ドッジボール紳士道に対する自分なりの考えをもつこと。

【資料】

「ドッジボール紳士道」 上前淳一郎:作
(『読むクスリ37』H16.3.10 文春文庫 所収)

amazon://

(以下あらすじ)
 「アメリカの一部学校区でドッジボール禁止」と報じる新聞記事ついて概説。「『人間を標的にするのが好ましくない』『攻撃的な子どもが増える』などの指摘が父母や教育学者から相次ぎ」(2001年6月21日付朝日新聞夕刊。ニューヨーク=山中季広記者)始めたからからだという。
 これに対して、電通P&D局デジタル・ライフスタイル研究部主務の北風祐子さんが、自分の小学生の時のドッジボールにまつわる話を紹介。
 相手チームの男の子がボールをもったとき、「もう駄目、やられた」と観念して目をつぶる。ところが、私にボールが飛んでこない。「あれ、と目をあけてみると、その男の子は、こちらのチームの強い男の子めがけて、力一杯投げつけてくる。」
 味方がつぎつぎアウトになって、残ったのは逃げ回っていた北風さんのような女の子だけ、という状況になったときは、いやでもぶつけられる。「でもね、そういうときには、痛くない足をめがけて、そっとなげてくれるんです。」
 「遊びを通じて、子どもたちはそういうことを学んでいくんです」(中略)「私の娘は二歳ですけど、この子が小学校に入ったとき、ドッジボールがないと困る。弱くてもいいからやらせたい、思うんですよ。」
   
=== 3、授業指導案(45分授業)
==== ① 新聞報道について話し合う。(20分)
提示1:「銃やナイフによる学校での殺傷事件が絶えない中で、アメリカの教育界がぴりぴりしてきている様子が、手に取るように伝わってくる。反面、子どもたちの方は『大げさ』と反発している、とも記事は伝えている。さて、どっちだろう」までを読み聞かせる。(注釈を入れながら5分)

発問1:「みなさんは、このことについてどう思いますか?」

 禁止の根拠となっている考え(「運動神経の鈍い子どもがまっ先に狙われ、いじめや仕返しを誘発しやすい」コネティカット州の大学のニール・ウィリアムス教授)に賛成か否か、そしてその理由は何か、という話し合いを行う。
 自分がどちらの立場を取るか、黒板にネームプレートを貼って示したり、少人数グループで話し合ったりする。理由を類別しながら板書。
 理由を問い返すときに、「自分たちの場合はどう?」と学校生活について話し合う時間を取ることもできる。

② 「でもね、そういうときは(   )です。」の(   )を話し合う。(20分)

提示2:「でもね、そういうときには、(痛くない足をめがけて、そっと投げてくれるん)です。」までを読む。
 
発問2:「『味方がつぎつぎアウトになって、残ったのは逃げ回っていた北風さんのような女の子だけ、という状況になったときには、いやでもぶつけられる。でもね、そんなときには』どうなのでしょうか。(   )に入る北風さんの言葉を考えてみましょう。」

 すぐに「ゆっくりぶつける」「痛くないようにぶつける」「足などをねらう」などの意見がでる。
 「どうしてそうするのですか」と問い返す。①「勝てばいいのだから、当て方はいろいろあっていい」など、勝負にこだわる意見 ②「怪我をしたらいけないから」など、体のことを心配する意見 ③「泣いたり傷ついたりしたらいけないから」など、心を心配する意見 ④「男の子は、女の子に優しくしなければならない」など、一般的な価値について話す意見 ⑤「相手の能力に合わせて投げると楽しい」など、運動の工夫について話す意見が出るでしょう。教師の考え方によって、軽重を付けて取り上げることが必要です。
 いずれにしても「北風さんはどんなことがうれしかったのか」と、北風さんの気持ちになって考えてみることが大切でしょう。

発問3:「自分たちの生活で、男子が女子のことを考えて行動することはありますか。」

  給食の食缶など重いものを男の子がもつ等の意見が出るでしょう。思ったほどないのかもしれません。

③ 北風さんの思いと教師の思いを語る。(10分)

提示3:最後まで読み聞かせる。
 「男には男の道やポリシーがあり、そのポリシーのしっかりした男ほど女に優しい」とする北風さんの思いを知らせる。
  教師がこれをどう子ども伝えるかは、教師の考えによる。よく考えを整理して、子どもの実態に応じて話をして聞かせたいものです。

引用元、参考

坂本哲彦 道徳・総合の授業づくり 「ドッジボール」で男女の協力について話し合う
http://sakamoto.cside.com/sakamoto2006/dodgeball.htm

4、編集後記

 ドッジボールから発展させ、自分たちの生活を振り返る良い機会になるのではないでしょうか。子どもの実態に合わせた工夫・応用が可能な実践だと思いました。
 
(編集・文責:EDUPEDIA編集部 前田豪士)

5、実践者プロフィール

坂本哲彦(さかもとてつひこ)
山口県山口市立徳佐小学校教頭。1961年生まれ。
山口大学卒業、山口大学大学院修了。山口県内公立小学校教諭、山口大学教育学部附属山口小学校教諭、山口県教育庁指導主事等を経て、現職。
自身の経験を活かして、道徳実践をHP、メルマガで数多く配信している。
坂本哲彦 道徳・総合のページ
http://sakamoto.cside.com/

コメント

コメントはまだありません

    より良い実践のためには、あなたの励ましや建設的な対案が欠かせません。
    ログインして、ぜひコメント欄をご活用ください。