化学のチカラでイクラを作ろう ~とうきょうりかだいすきラボ⑦~

GOOD!
1358
回閲覧
28
GOOD

作成者:shiori arita (Edupedia編集部)さん

1 はじめに

この記事は、学校法人東京理科大学の「とうきょうりかだいすきラボ」のサイトより、許可を頂き転載しております。
 とうきょうりかだいすきラボhttp://www.tus.ac.jp/daisukilabo/index.html

2 とうきょうりかだいすきラボ

とうきょうりかだいすきラボとは

学校法人東京理科大学で開催しているさまざまな科学啓発イベントの内容を広く知ってもらいたい、そして未来の科学者に科学や技術の楽しみを知ってもらいたいという思いから、開設されました。
サイト内では、小学校低学年の児童など誰もが再現できるように、様々な実験を動画でわかりやすく紹介しています。

とうきょうりかだいすきラボ概要

科学実験には「なぜ?」「どうして?」と自分からすすんで考えるきっかけがたくさんあります。理科がちょっとニガテという人でもやってみたくなる実験がきっと見つかります。実験のようすをムービーで見ることもできるから、夏休みの自由研究にぴったりです。 (とうきょうりかだいすきラボ サイトより引用)

3 実践内容

化学のチカラでイクラを作ろう

(とうきょうりかだいすきラボより)

用意するもの

アルギン酸ナトリウム、塩化カルシウム、食紅、水、割りばし

実験方法

  • アルギン酸ナトリウムを水に入れる
  • よくかきまぜる
  • 食紅を入れ、よくかきまぜる
  • 水に塩化カルシウムを入れ、よくかきまぜる
  • 割りばしでアルギン酸ナトリウムの液を塩化カルシウムの液に1滴ずつ落としてイクラを作る

※作ったイクラは食べられません

解説

アルギン酸ナトリウムを塩化カルシウムに加えると表面から溶けにくいアルギン酸カルシウムになります。ゲル状になったアルギン酸カルシウムはイクラの様になります。

4 編集後記

「化学のチカラでイクラを作ろう」は実験の流れが動画でわかりやすく紹介されています。また、サイトでは他の楽しい実験も紹介しておりますので、参考にしてください。

(編集・文責:EDUPEDIA編集部 有田しおり)

コメント

コメントはまだありません

    より良い実践のためには、あなたの励ましや建設的な対案が欠かせません。
    ログインして、ぜひコメント欄をご活用ください。