“Hi,friends!1” Lesson5(好きな~で、英語ミニゲーム)

GOOD!
2513
回閲覧
62
GOOD

作成者:matui hiroshi (Edupedia編集部)さん

聞きとりゲーム

この単元では、Hi,friends!は「好きな色」について取り上げています。事前に「色」「動物」「果物」「野菜」「スポーツ」「形」「国」などの単語の学習をしてから、下記のような聞きとりゲームをします。

(1)
「色」に、好きな「動物」「果物」「その他」を加えます。子供たちにメモ用紙を配って、
「知っている範囲でいいので、好きな①色②動物③果物④その他を英語(カタカナ)で書いてください。」
と指示します。「その他」は「野菜」「スポーツ」「形」「国」からの選択です。メモ用紙には出席番号も書かせて回収します。
下はメモ用紙。


(2)
クラスの人数を4等分ぐらいにして、まず、例えば36人学級で有れば、1~9番の子供に「読み手グループ」として前に出てきてもらいます。メモを渡してあげて、
“I like black.” “I like dogs.” “I like peaches.” “I like potatoes.”
などと自分の書いたメモを順番に言わせます。
※英語は単数形・複数形を厳密に表現しますので、可算名詞(数を数えることができる名詞)の場合は複数形になりますが、あまりこだわると難しいので、必ずしも複数形にしなくてもよいかと思います。
席に座っている「聞き手グループ」は、しっかりと9人分の「好きな~」を聞いて、覚えさせます。(紙はまた回収します。)

(3)
全員が読み終わったら、「聞き手グループ」に解答用紙を渡します。メモ用紙と解答用紙は下↓からダウンロードしてください。

メモ用紙・解答用紙 i like2.xlsx

教師は回収したメモの中から「読み手グループ」1人につき4つ言った中から1つの好きなものを「聞き手グループ」に聞きます。例えば、
“What animal does Arai like ?”
です。「聞き手グループ」は解答用紙にそれを英語(カタカナ)で書き込みます。

(4)
「読み手グループ」全員分を読んだら答え合わせです。例えば、
“Arai ! What animal do you like ?”
と問いかけて、新井君は、
“I like panda.”
などと答えます。その解答を聞いて、「聞き手グループ」は赤鉛筆で答え合わせをします。

1グループ10分ぐらいかかるので、1日に1~2グループ程度が集中力の限界だと思います。残りのグループの分も毎時間、やれば、4回分のミニゲームができます。

実際に授業で試してみて

かなり難易度が高いように思えるゲームですが、けっこう正答率が高いのに驚きました。あるクラスでは全問正解が5人ほどいました。友達が言っているまずい英語に真剣に聞き入って記憶しているのは、関心があるからでしょうね。ボーナス問題として、分かりやすい質問をしてあげるといいと思います。例えば、緑色の服を着た山田君が“I like green.”と言っていれば、“What color does Yamada like ?”と質問をしてあげるといいでしょう。“I like snakes.” “I like Japan.”など、印象的な言葉を言っていたらそれを質問してあげるといいですね。

コメント

コメントはまだありません

    より良い実践のためには、あなたの励ましや建設的な対案が欠かせません。
    ログインして、ぜひコメント欄をご活用ください。