Touch your ~ 英語ゲームで覚える体の部位

GOOD!
4949
回閲覧
54
GOOD

作成者:matui hiroshi (Edupedia編集部)さん

1 準備がいらず、簡単にできる英語ゲーム

体の部位は、けっこう日本語の中に取り入れられていて、小学生の子どもでも「ショルダーバッグのショルダーは肩という意味か」などと、納得できる単語が多いです。

いくつかの単語を教えて、4つぐらいはわざと伏せておきます。

まず、全員を立たせて、教えた単語を使って、
Touch your ~!
と命令し、自分の~を触る練習をします。

慣れてきたら、教室を真ん中で半分に分けて、端から順番に教室の前に出てきて一騎打ちをさせます。教師は教室の後ろに位置して、“Touch your nose!”等と言って早くその部位に触った方を勝ちにします。早く全員終わった側が勝ちです。負けた方は何人か残るので、全員がゲームをするまで、勝った方の初めに戻って対戦します。時々、伏せておいた単語を「教えてない新しいのを出すよ!」と言って、出すと単調にならないで

何の準備もいらない実に簡単なゲームですが、結構盛り上がれるので、お試しください。

また、さらにバージョンアップして、「eye,neck,leg」等、三ヵ所を連呼してその順番に触らせるのもいいと思います。「head,head,head」「hip,hip,hip」等の同じ場所を早口で連呼するのも盛り上がります。

2 小学生向きの体の部位の単語

下記程度なら小学生でもそこそこ理解できると思います。日本語の中で外来語として使われているケース(レッグウォーマー等)を挙げながら学習するといいと思います。

head(頭)face(顔)mouth(口)ear(耳)eye(目)nose(鼻)neck(首→ネクタイ)leg(脚全体→レッグウォーマー)foot(足:靴を履く部部分→フットボール)knee(膝)heel(かかと→ハイヒール)toe(つま先→トウキック・トウシューズ)hand(手)arm(腕)elbow(ひじ)finger(指)wrist(手首)sholder(肩→ショルダーバッグ)nail(つめ)hip(おしり)back(せなか)

コメント

コメントはまだありません

    より良い実践のためには、あなたの励ましや建設的な対案が欠かせません。
    ログインして、ぜひコメント欄をご活用ください。