多様な教育と出会い、自分なりの教育実践のヒントを得よう!(エデュコレ 一般社団法人コアプラス)

GOOD!
582
回閲覧
30
GOOD

作成者:shunichi miyazaki (Edupedia編集部)さん

1 はじめに

この記事では、2017年11月12日(大阪)、26日(東京)に開催される教育関係者向けのイベント「エデュコレ~多様な教育の博覧会~」(一般社団法人コアプラス主催)をご紹介します。
*コアプラスについてはこちら

2 「エデュコレ〜多様な教育の博覧会〜」とは?

教員や教育・福祉関連のNPO関係者、教員志望の学生や保護者など、教育に関わるすべての人のための学びと出会いのイベントです。70以上の団体によるブース出展と、ゲストを招いたトークセッションを中心としたイベントとなります。多様な教育に触れ、組織や学校の枠を越えた相互のつながりを生み出します。今年は初めて、大阪と東京の2会場で開催されます。

3 子どもたちも先生も多様だから、学びのカタチも多様であってほしい。

社会が急激に変化する中で、今教室にいる子どもたちの状況や家庭の価値観は、実に多様化しています。一人ひとりの能力や特性や興味関心も様々。多様なニーズ(困りごとや求めること)を受けとめられる学校をつくっていくためには、これまでの教室空間、授業や取り組みのスタイル、学校文化だけを「当たり前」のものとして残し続けていくのではなく、新しいことにチャレンジしていく必要があるのはないでしょうか。
また、子どもたち同様、先生たちの関心や、強みや持ち味も当然ながら一人ひとり異なります。A先生のスタイルをB先生が真似してみても、必ずしもうまくいくわけではありませんよね。B先生はB先生なりの「教育のカタチ」を見つけ、築いていくことが大切なのではないでしょうか。

4 先生が「多様な教育」に出会う意味とは?

<新しいアイデアやひらめきが生まれる>

具体的な取り組みや学びの場のデザインの仕方、そもそもの目的や目標、学習評価の方法など、多様な教育に出会うことで、自分の実践に取り入れられる要素を見つけられます。出会ったものをヒントにして自分なりの方法を思いついたり編み出したりすることができます。

<自分の実践を見つめ直せて教育的選択肢が増える>

私たちは、ともすれば固定観念や、自分の経験してきたことに囚われてしまいがちです。自分の「当たり前」とは違う教育に出会うことで、「自分のやってることの意味って何だろう?」「これでいいのかな?他の方法もあるかも・・・」という振り返りが起こり、子どもたちへの関わり方や教え方の選択肢が拡大できます

<連携・協働によってできることが増える>

学校は子どもたちにとってとても重要な場所ですし、その中でできることを考えるのはとても大切です。しかし、学校だけでできることはやはり限られています。子どもたちを真ん中にして、学校と学校外の教育団体が連携・協働すれば、キャリア教育にしても総合学習にしてもできることの幅がグッと広がります。

5 エデュコレの特徴と見どころ

<ポイント1:多種多様な出展ブースがトータル70以上!>

エデュコレのメインは何と言っても多様なブースです。それぞれ特色ある学校や、フリースクール・オルタナティブスクール、教育事業を行う企業やNPOなどが一堂に会します。

▼触れられる教育のカタチの一例

キャリア教育やシティズンシップ教育、総合学習、地域における教育コミュニティづくりの実践、不登校の子どもたちを受けとめているフリースクール、放課後や休日の子どもの居場所づくり、イエナプラン・モンテッソーリ・シュタイナー・フレネ・サドベリーなどのオルタナティブ教育、国際バカロレア・探究学習、『学び合い』、PBL(プロジェクトベースドラーニング)他

出展団体一覧はこちら

<ポイント2:トークセッションや対話カフェなど充実の特別企画!>

さまざまなフィールドで活躍する今注目の豪華ゲストによるトークセッションやロールモデルトーク、出展団体のプログラムを体験できるミニワークショップもお楽しみに!

▼参加ゲストの方の一例

坪谷ニュウェル郁子さん(東京インターナショナルスクール)/鬼沢真之さん(自由の森学園)/今村亮さん(NPO法人カタリバ)/住田昌治さん(横浜市立永田台小学校)/日野田直彦さん(大阪府立箕面高校)/白井智子さん(NPO法人トイボックス)/田中亨さん(北星学園余市高校)/幸重忠孝さん(スクールソーシャルワーカー)/倉石寛さん(元・灘高校)/瀬戸真由美さん(ホームスクール実践者)/江川和弥さん(フリースクール全国ネットワーク)他

特別企画一覧はこちら

<ポイント3:いろんな教育関係者と出会える・つながれる!>

その日出会った人とブースを回れるブースツアー、あなたの関心に合わせてブースを紹介するコンシェルジュなど、コミュニケーションが生まれる仕組みや仕掛けもご用意!

6 イベント概要

<エデュコレin大阪>

日時 2017年11月12日(日)10:30-17:30
会場 立命館大学大阪いばらきキャンパス
   フューチャープラザ2・3F

<エデュコレin東京>

日時 2017年11月26日(日)10:30-17:30
会場 東洋大学白山キャンパス 1号館6F

■対象   教員・学校関係者・保護者・教育に関心がある学生/社会人
 ■参加費  一般4000円 / 学生3000円(※当日参加は4500円/3000円)
 ■事前申込 以下のサイトから支援の「リターン」として参加券を購入
      →https://camp-fire.jp/projects/view/36194

7 編集後記

教育に正解はない。
だからこそ、全く違う形で教育に対し素晴らしい取り組みをしている人や団体が、全国には多くあります。
そういった団体が一つの会場に集まることにより、新しい出会いが生まれ、新しい形が生まれます。
あなたもそんな場所へ踏み出してみませんか?

(編集 EDUPEDIA編集部 大和信治/宮崎俊一)

コメント

コメントはまだありません

    より良い実践のためには、あなたの励ましや建設的な対案が欠かせません。
    ログインして、ぜひコメント欄をご活用ください。