かけ算(小2算数)プリント・ワークシート集~かけ算の意味、九九の構成など~

GOOD!
237
回閲覧
2
GOOD

作成者:大和 信治 (Edupedia編集部)さん

はじめに

本記事では、小学2年「かけ算」の単元のワークシート(意味理解や思考力に関連)を紹介します。リンクからダウンロードできます。

日々の授業では九九の暗唱やます計算も行いました。態度は、日常生活でかけ算を使ったり、計算の仕方を試行錯誤して楽しんでいる姿をみとりました。

実践は2013年度のものです。評価や学力の捉え方が2018年現在とは異なる点があると思います

1 かけ算の意味

同じ数ずつ

単元のはじめは「1つあたりの量がいくつ分」を実感を伴って理解できるよう心がけました。
個包装のおかしや卵パックなども活用。

(龍角散スティックは10粒入り。 関係ないけど「芸能人は歯が命」なら「先生は喉が大切」)

ワークシート

DL→かけ算 12こを同じ数ずつ分ける.docx

学習例

絵やことばで表す

「図や絵やことばで考える」は、どの単元でも大事にしています。「答えを出す」というより、「単元の中心になる考え方を使って表現する」という意識の方が大きいかもしれません。

関連単元計画と授業づくり~算数の思考力・表現力を育てる~教材研究編


DL→かけ算 絵や言葉や式 技能ワークシート.doc

問題づくり

DL→かけざん 問題作り.doc

帯学習や宿題プリント例

2 九九の構成

分けて計算(6の段)

ワークシート

このようなワークシートは、子どもから「分けて足す発見」があり、「他の段でも使えるか検証しよう」ということで使います。

DL→分けて計算しよう 6の段.doc

思考評価(7の段)

ワークシート

左の①~③の問題がヒントになっていますが、予め子どもには伝えません

DL→かけざん 性質の利用 思考評価.doc

学習例

授業後、子どもの考え方を一覧にして学年で検討します
返却する原本にABCはつけません。コピーして検討用のみ記入
差は「式以外の表現(図や言葉)」になることが多いです

  「~~すればかんたんだよ」って言い方が優しい☆

評価規準例

単元に入る前に設定しますが、作品をみながら話し合いで変わることもあります。(時間がないときは、事後設定することも(←内緒)

思考評価(9の段)

ワークシート

実際に一番使う考えは「逆かけ」だと思いますが、授業では「答えは同じでもいろいろな考え方がある」「学習したことを活かす習慣をつける」を意識しました

DL→9の段の構成 思考評価プリント.doc

学習例

(左下)9の段より多い数で活用できています。しっかり身についているのだと思います

3 いろいろな求め方

ワークシート

考え方を表現するときは、たくさん書き込めるように余白を大事にします
また、問題数やプリントも多めに用意して、たっぷり試行錯誤してもらいます

DL→いろんな求め方.docx

発表用(A3)

DL→いろんな求め方 発表用.docx

学習例

黒板の前で発表。☆色んなチョークを使えて嬉しそうでした

↑「全部で30」を出すには「5×6」で良いと思いますが、分け足しを使いたかったのだと思います

おわりに

本記事は「評価」の視点が強く出ています。当時(2013年度)は、「指導と評価の一体化」という言葉が盛んに言われていました。今後は「関わりの中の学力」について探究していきたいと思います。

前半にも書きましたが、授業では「単元の中心になる考え方を使って表現する」ことを大切にしました。そのような学習を積み重ね、自分の関心から独自のフレームをつくり、それを基に思考・表現する力に繋がればと思います。

おまけ

↑先日「かけ算わかる!」という1年生に「2×3=6」をおはじきで作ってもらいました。
かけ算の学習が終わる1年後にまた聞いてみようと思います。

関連記事

「かけ算」というキーワードの一覧 | EDUPEDIA(エデュペディア)

単元計画と授業づくり~算数の思考力・表現力を育てる~教材研究編

かけ算【指導案・授業資料まとめ】(数理的な処理のよさ、水道方式、課題提示のアイディアなど)

コメント

コメントはまだありません

    より良い実践のためには、あなたの励ましや建設的な対案が欠かせません。
    ログインして、ぜひコメント欄をご活用ください。