【教員採用試験 体験談】模擬授業 自作教材・板書例付き

平成27年度実施の特別支援学校・教員採用試験に合格したSさん(新卒)の体験談です。

授業で工夫した3点

試験の前にHPに授業テーマが出されるので、それに合った授業を考えました。私は、特別支援学校・高等部2年生の設定で「はなまる弁当を作ろう」という栄養の授業をしました。これは自分が教育実習で行った授業をアレンジしたものです。

生徒に興味を持ってもらうための工夫は
①板書の配置や色を視覚的に見やすくする
②具材をフェルトで手作り
③ややこしい言葉は使わない
という3点です。

特別支援教育では特に重要だと言われますが、校種を問わず大事な視点だと思います。

対策としては、実際に黒板と自作教材を使って、友達と授業の練習をしました。発問や授業の流れなど、客観的にアドバイスをもらえたことが良かったです。


 (模擬授業 板書)

試験当日

当日は10人1グループで模擬授業をし合いました。自分以外の受験者が子ども役で授業を受けます。私はグループ内で最初の授業者でとても緊張しました。しかし、その後のグループの方がとても上手に授業をされていたので、最初で良かったなと思います。それを見た後だと、不安でいつも通りできなかったかもしれません。

0
のぞみーる 模擬授業板書.jpg

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA