歌う学級

GOOD!
4544
回閲覧
38
GOOD

作成者: brigh さん

1 やる気を出させるには・・・

1. よい曲を選んで聴かせる

自分が好きな曲、人がやってうまくいったという曲。

2. ほめる

表情、目線、声、口の空け方、立ち方、何でも。一人ひとりも全体もほめて自信を持たせる。

3. 発表の場を設定する

参観、他の学級・学年と交流など。発表をしてほめられると自信がつく。授業の中でも個人やグループ発表をとりいれる。

ただしあまりにも実力がないうちは逆効果。

2 うまく歌うには

1. 良い声で歌う。    

口の奥、のどをあける。(友達と見合う。鏡も効果的。)

  • 上半身(肩、あご、のど、など)の力を抜く。
  • お腹から息をたっぷりだす。
  • 元気がいいからといって、どなっている子をほめず、周りの声を聞かせる

2. 正しい音程で歌う。

楽器や指導者の声をよく聴いて合わせる。

  • 階名で歌う。
  • 音がわからない間はよく聴く。わかってから歌う。
  • うまくいかないところはゆっくり歌う。

3. 歌詞の意味を理解して、きもちをこめてうたう。

  • 歌詞を音読して意味を理解する。
  • 作詞者の伝えたいことを考える。
  • 歌詞の内容を生かして強弱をつける。    

3 指導者は

  • 恥ずかしがらず歌う。楽しそうに。
  • 歌を聴いて知っておく(うまく歌えないとしても)
  • めざす演奏のイメージをもっていると子どもの歌もそれに近づく。範唱のまねもOK。

☆学校生活のなかで歌う機会はたくさんあります。そんなときに安心して友達と声を合わせることを楽しめる学級、学校でありたいものです。

カテゴリ:

キーワード:

コメント

コメントはまだありません

    より良い実践のためには、あなたの励ましや建設的な対案が欠かせません。
    ログインして、ぜひコメント欄をご活用ください。