やまなし~「クラムボン」とは何だろう?

宮沢賢治とクラムボン

 国語「やまなし」の第一次感想で 「クラムボンとは何だろう?」 という疑問を持った子が何人もいました。クラムボンは多くの子が、立ち止まる言葉です。しかしこれを学習の中心問題にすることは難しいので、やまなしの学習後に続く話「イーハトーヴの夢」でやまなしと宮沢賢治の実人生との関わりの中で考えさせました。

 せっかく持った子どもの思いなので、この疑問を大切にしたいと思いました。やまなしの学習後、最初の一次感想を(疑問)を生かすべく「イーハトーヴの夢」と「やまなし」を関わらせて読みました。その結果、子どもたちの読みが深まったことが分かりました。

「イーハトーヴの夢」と「やまなし」

 「イーハトーヴの夢」の中から「やまなし」にあてはまる部分をさがして、何をさしているのかを考えてみよう。

クラムボン

 妹トシ。生きているときは一緒に笑ってりしていたけれど、死んでしまった。
 このことから「クラムボン」に近いと思う。

カワセミ

 宮沢さんにとってカワセミは、災害のことだと思う。
 一年にいろいろ多くの人が死んでしまったから。

やまなし

 未来に希望を持つことが
 やまなしのカニの子どもが気持ちの変わったのと似ている。

カニ

 宮沢さん自身。小さいころは災害に見舞われたりいろいろあったけど
 だんだん人のためにできるようになったから。

The following two tabs change content below.

シリウス

37

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA