公共でのマナー~携帯電話で考える~(坂本哲彦先生)

GOOD!
7005
回閲覧
21
GOOD

作成者:紗妃 古川 (Edupedia編集部)さん

1 はじめに

この記事は、坂本哲彦先生が運営されているホームページ、「坂本哲彦 道徳・総合の授業づくり」から引用させていただいたものです。坂本哲彦先生のホームページはこちら→http://sakamoto.cside.com/

2 対象

中学生(小学校高学年でもできます)

3 ねらい

優先席で携帯メールを打ち続ける20歳前後の女性と、それを注意する60代男性の気持ちを対比して話し合うことを通して、社会の規則やマナーを守ること人からの注意を素直に受け入れることの大切さに改めて気付き、公徳を大切にして生活しようとする意欲を高める。

4 学習内容

(1)20歳前後の女性と60代男性の気持ち

  • 携帯メールくらい構わないじゃないか(20代女性)
  • ペースメーカーへの影響を考え、マナーを守れ(60代男性)

(2)公徳を大切にしようとする意志

  • 携帯電話とそれ以外のマナー
  • それらに対する振り返り(自分の中の女性と男性)

5 資料

「携帯メールで殴り合い寸前」読者投稿(朝日新聞 声 2007/07/15 掲載)

概要

  • 投稿者が午後10時頃、私鉄電車で帰宅途中の出来事
  • 優先座席に若者が4名。うち20歳前後の女性が、携帯電話のメールに夢中。
  • 前に立っていた60代の男性が「携帯を切らなければいけない所」と注意。その女性は無視。
  • 数回注意すると、逆ギレ。蹴るようなしぐさで「うるさい」。
  • 女性の隣の若い者や、20歳代のサラリーマン風の男が「お前(60代の男性)、うるさいんだよ」と激怒。
  • 少し離れた席から20~30代の酔っぱらいの二人が「メールやってもいいじゃないか」などと参戦。60代男性に殴りかかりそうに詰め寄る。険悪な雰囲気。
  • 別の30代の男性が、優先席付近での携帯電話のマナーを説明し、その場が納まる。
  • この間10分余り。その女性はずっとメールを続けていた。
  • 投稿者が60代男性に「殴られてしまいますよ」と話しかけると、「二度あります」。大学教員だった。
  • 投稿者は、「この2週間でこんな騒ぎに2回出くわした。なんとかしないと大変なことになりはしないだろうか。」と結ぶ。

6 学習課程(50分授業)

①資料を聞く。(5分)

  • いろいろな導入は、考えられます。例えば、
  1. 携帯電話の使用に関するデータやエピソード、感想等
  2. 電車内でのマナーやそれへの感想等
  3. 学校生活や家庭生活でのマナーやそれへの取組状況等
  • ②での話し合いに時間をかける方がいいので、まとまった導入は行わず、すぐに、新聞記事(投稿欄)を読む。
  • 場面絵があると非常に分かりやすいので、描ける人はそれを提示。端的に5分以内で導入を終了。導入が長い道徳の授業は、失敗することが少なくない。

②20歳前後の女性と60歳代の男性の気持ちについて話し合う。(35分)

発問1:「20歳前後の女性は、どんな気持ちから、『うるさい』と逆ギレしたのだろうか。女性になったつもりでその時の心の中の言葉を発表してください。」(10分)

  • この話程度の問題状況なら、わざわざプリントに考えを書かせる必要はありません。あらかじめ書かせないと自分の意見が持てないだろうからと、丹念にプリントに書かせる授業者は少なくありません。しかし、書かせるから、発表できなくなる場合もあります。どんどん指名していきながら、受容的な雰囲気の中で、様々に女性の気持ちを想像することにしましょう。
  1. 携帯メールをすることがだれに迷惑をかけているというのか?
  2. 誰にも迷惑をかけていないのだから、携帯メールくらい構わないではないか。

に代表されるように、A「優先席付近で、携帯電話の電源を切らなければならないことを知らない」ことが原因の意見

  1. 優先席に座っているのが悪いのか?
  2. 優先席に座っている若者はわたしだけではない
  3. おじさんが席に座れないのが悔しいの?

などに代表されるように、B「優先席に座っていること」が原因の意見

  1. なぜ、こんな見ず知らずの人に注意されなければならないのか
  2. 注意されるのはいやだ。注意する人は嫌いだ

など、C「単に人に注意されることがいやだということ」が原因の意見

などが出る。テンポよく発表させながら、それらをもとにさらにイメージを広げさせて、自由な雰囲気で発表させましょう。

  • 教師は、「なるほど、そういうこともあるかもしれないね」と受容することに努める。決して「いい意見だね」などと評価を加えてはならない。
  • 「その意見は、これまでに出されたどの意見と似ている?」とか、「その意見は、このグループに入る意見だね」とか、「ほう、新しい考え方だなあ。Cというグループをつくることにしよう」などと、類別しながら板書する。
  • Aについては、学級活動や短学活、学校行事等で学習した「携帯電話のマナー」について簡単に復習するというのもいいでしょう。

(でも、時間はないですよね。というか、「携帯電話のマナー」について学んだ時に合わせて、この道徳をやるというのがいい。)(5分)

http://www.au.kddi.com/notice/manner/index.html

http://www2.health.ne.jp/library/5000/w5000515.html

発問2:「60代の男性は、以前2度も殴られたことがあるにもかかわらず、今回も繰り返し注意したのは、どんな気持ちからだろうか。男性になったつもりでその時の心の中の言葉を発表してください。」(10分)

  1. だれかが注意しなければ、このような若者たちは、社会のマナーやルールを知ることはない。
  2. 知っていても、それをきちんと守ろうとする気持ちにならない。など、A「大人の代表として使命感」から注意している
  3. 社会のルールやマナーを守れるようになるのが、その人たちにとって、必要なことである
  4. 若者の立場に立って、若者を思いやっている、など、B「思いやりの気持ち」から注意している
  5. こんな無節操な若者が憎くて仕方ない
  6. 情けなくてしかたない、などC「若者が憎い気持ち」から注意している
  7. ペースメーカーをつけている方の命を守る必要があるなど、D「生命尊重」の立場から注意している、などを引き出す。
  • 発問1でも2でも、それぞれたくさんの意見が出た後、「どの意見に一番納得しますか」とそれぞれの子どもの気持ちや立場を確認す

発問3:「20歳前後の女性と60代の男性はどんな違いがあるだろうか?『左は○○な人、右は□□な人』のように表現してみましょう。」(10分)

  • 「何を答えればいいのだろう?」と、しばらく発言がないでしょう。ここは焦らず(つまり、あれこれ、教師が言葉をつないで、「難しいかも知れないね」とか「どんな小さなことでもいいから発表して御覧」などと言わないで)、少し沈黙を味わい、その後、指名して、発表させる。評価を下さず、受容するのは今までと一緒。
  1. 「マナーを知らない人」と「知っている人」
  2. 「定められたマナーを守ろうとしない人」と「守ろうとする人」
  3. 「人に注意や意見を受け入れられない人」と「人のために注意できる人」
  4. 「ペースメーカーをつけている人の命を奪おうとする人」と「命を守ろうとする人」
  5. 「携帯電話を使う資格のない人」と「ある人」
  6. 「子ども」と「大人」、などが出てきます。
  • 黒板にいろチョークで対照的に板書し、女性の幼さと男性の勇気が際だつようにします。

③自分の生活を振りかえる。(10分)

発問4:「携帯電話のマナー、それ以外の学校生活や家庭・社会でのマナーをあなたは守れていますか?あなたの中の20歳前後の女性と60歳代の男性を見付けてみなさい。」

  • プリントに書くだけで授業を終える。
  • 学級通信などで授業の様子について家庭に知らせる

7 実践者プロフィール

坂本哲彦(さかもとてつひこ)
山口県山口市立徳佐小学校教頭。
1961年生まれ。
山口大学卒業、山口大学大学院修了。
山口県内公立小学校教諭、山口大学教育学部附属山口小学校教諭、山口県教育庁指導主事等を経て、現職。

自身の経験を活かして、道徳実践をHP、メルマガで数多く配信している。

坂本哲彦 道徳・総合のページ
http://sakamoto.cside.com/

8 編集後記

マナーについて身近な例を題材とすることで家族や生徒同士の意見交換を行い易い上、学びを生活に結び付けやすいと感じました。またこの実践を踏まえることでマナーについて生徒自ら問題提起をし考えるきっかけになるのではないでしょうか。最近は若者に限らずマナーが気になる事がしばしばあります。ただ大人の真似をしてマナーや公徳心を身に着けるのではなく、自らが重要性に気づき行動できるようになるための一歩として活用できると思いました。
(編集・文責:EDUPEDIA編集部 古川 紗妃)

コメント

コメントはまだありません

    より良い実践のためには、あなたの励ましや建設的な対案が欠かせません。
    ログインして、ぜひコメント欄をご活用ください。