『教育実習完璧ガイド: 実習生・受け入れ校必携』著者インタビュー!①

GOOD!
6174
回閲覧
55
GOOD

作成者: EDUPEDIA編集部 (Edupedia編集部)さん

1 はじめに

こちらは、『教育実習完璧ガイド』の著者の一人である、文京学院大学外国語学部教授、早稲田大学教育学部講師の小泉博明先生へインタビューをした記事です。教育実習を控えている学生の不安や疑問に答えた『教育実習完璧ガイド』について、その活用法や特徴などを詳しく伺いました!

「『教育実習完璧ガイド: 実習生・受け入れ校必携』著者インタビュー!②」はこちらから。

2 『教育実習完璧ガイド』の紹介

小学校・中学校・高校すべてに対応した、教育実習生に必須の一冊!実習中のマナー、授業のポイント、学習指導案や実習日誌の書き方など、実習生がよく悩むポイントをわかりやすく解説しています!

詳しくは『【おすすめ書籍】教育実習完璧ガイド(小中高完全対応)』から。

「教育実習完璧ガイド: 実習生・受け入れ校必携」(教育技術ムック)
編著/宮崎 猛、小泉 博明
定価:本体1,600円+税
発売日:2015/03/02
詳細:小学館BOOKSHOP

3 インタビュー

Q1.『教育実習完璧ガイド』を読んで、「教育実習」について具体的にイメージすることができました。小泉先生の考える「教育実習」とは何ですか?

「教育実習」とは7月の教員採用試験前の総仕上げという位置づけです。大学では、教育実習事前・事後指導がありますが、きめ細かい指導はあまりしてくれません。教員志望は固まっているが、現場についてまだ見えない部分がある、そのような学生が、子どもたちに実際に触れ合うことで、教師への適性を最終的にチェックし、教師になるという覚悟と自覚を決定づける「場」だと思います。しかし、意識が固まっても、その後の教員採用試験に合格しなければならないので、事前の準備はしっかりとしている必要があります。

_

Q2.『教育実習完璧ガイド』は『教育実習まるわかり』を大幅に加筆修正したものだと書いてあります。その理由と大きく変えた点を教えてください。

教育実習へ行く学生にとってより実践的に役立つという、本のコンセプトや、ポリシーは同じですが、学習指導要領が改訂されたので、「学習指導案」を修正しています。電子黒板など、情報機器が進展したので、その対応も修正しています。また、実習生密着レポートやイラストも改訂しています。さらには、実習中も常に手元に持っていられるよう、B5版でハンディとなりました。

_

Q3.『教育実習完璧ガイド』の特徴とその活用方法を教えてください。

今までの「教育実習」に関する本は、「教育実習事前指導」という教職科目のための大学テキストで、あまり実用的ではありませんでした。本書は、より実践的に学生に役立つ構成で、教育実習の‘いろは’のような、根本的で基本的な事柄が掲載してあり、多くの学生の支持を得てきました。これを読めば、かなり安心して「教育実習」にのぞめると思います。実習後の「お礼の手紙」の書き方や、子どもから「LINEに入ってよ!」「先生、恋人いるの?」などと言われた時の対応の仕方まで例示してあります。先生を慕ってきてくれる子どもたちは色々なことを質問してきます。迷った時は、担任の先生に「報告・連絡・相談」をし、独自判断をすることは避けましょう。しかし、もしも独自判断を迫られた時のために、うっかりやりかねない間違った対応を本書でカバーしています。

_

Q4.どの項目も大事だと思うのですが、『教育実習完璧ガイド』の中で、教育実習においてもっとも大切な項目は何ですか?

肝となるのは、「STEP2」の事項です。教師にとって大切なのは、コミュニケーション能力です。生徒、同僚、保護者とのコミュニケーションが取れなければ、信頼される教師とはなりません。授業がうまくできない教育実習生だからこそ、「挨拶、笑顔、元気」というごくごく当たり前のことをしっかりしましょう。特に、緊張してしまうと、顔がこわばり笑顔を忘れています。子どもは些細なことでもしっかりと、教師のことを見ています。とにかく、子どもたちの名前を早く覚えて、たくさん声をかけて、褒めることが大事です。教科よりも、生徒が、さらに人間が好きな教師になってください。

_

続きのQ5~9はこちらから。

4 小泉博明先生のプロフィール

小泉博明

文京学院大学外国語学部教授 博士(総合社会文化)
 早稲田大学教育学部講師(非)

早稲田大学第一文学部東洋哲学科卒業、日本大学大学院総合社会情報研究科博士後期課程修了、日本私学教育研究所委託研究員、早稲田大学教育学部非常勤講師、東京大学教養学部非常勤講師を経て現職。

~主な著書~

  • 『高等学校改訂生徒指導要録・調査書・推薦書 記入法と文例集—多忙をきわめるホームルーム担任必携! (教育技術MOOK) 』(小学館)
  • 『即効!教職教養 2016年度版 (教育技術MOOK 教員採用試験完全突破シリーズ) 』(小学館)など

「教育実習完璧ガイド: 実習生・受け入れ校必携」(教育技術ムック)

「高等学校改訂生徒指導要録・調査書・推薦書 記入法と文例集—多忙をきわめるホームルーム担任必携! (教育技術MOOK) 」(小学館)

「即効!教職教養 2016年度版 (教育技術MOOK 教員採用試験完全突破シリーズ) 」(小学館)

5 取材を終えて&編集後記①

小泉先生にインタビューをさせていただき、教育実習は教師の道へ進む覚悟を決める最後の機会だと思いました。そして、一生に一度の経験なので、大切にしたいという気持ちが強まりました。

教育実習前にこの『教育実習完璧ガイド』に出会えて、本当に良かったです。この本は教育実習に向けて、何をするべきかが分かるので、大学1年生や2年生のうちから読んでいれば、早い段階から準備することができ、なおいいと思います。

これから教育実習へ行くみなさん、「挨拶、笑顔、元気」をキーワードに、子どもたちを褒めて伸ばせる教師になれるよう、頑張っていきましょう!
(編集・文責:EDUPEDIA編集部 岡本 佳菜子)

コメント

コメントはまだありません

    より良い実践のためには、あなたの励ましや建設的な対案が欠かせません。
    ログインして、ぜひコメント欄をご活用ください。