【教員志望者必見】2019夏の教員試験までにやるべきこと(教員試験フェスタ2019)

GOOD!
819
回閲覧
0
GOOD

作成者:Tomoaki Omori (Edupedia編集部)さん

1 はじめに

本記事は、2019年1月27日(日)に開催された、教員試験フェスタ2019(時事通信出版局主催)の一部を取材し記事化した全3回のうちの第1回です。本イベントでは、2019年度教員試験の最新動向や残り6ヶ月の学習法など、教員志望者の気になる情報がまとめて紹介されたほか、埼玉県、さいたま市、千葉県千葉市、東京都、神奈川県、横浜市、川崎市、相模原市の教員採用担当者から、各自治体の求める教員像や研修制度についてのお話がありました。

第1回では、2019年夏の教員採用試験の概要についてご紹介しています。教員採用試験までにやるべきこと、出やすい分野、トピックについて説明がありました。

第2回:埼玉県・さいたま市・千葉県千葉市・東京都についての記事はこちら

第3回:神奈川県・横浜市・川崎市・相模原市についての記事はこちら

本イベントについてはこちらよりご覧ください。

2 夏の教員採用試験に向けて

夏の教員採用試験までにやるべきこと

民間の就職活動の状況がよくなってきているので、近年教員志望者数は減少しています。現役合格できる人は全体の約3割となっています。

夏の教員採用試験まで後約半年になりました。夏の試験に向けてやるべきことを3点紹介します。

①採用試験の過去問題を調べる

まずは志望する自治体のホームページを確認しましょう。チェックするときは、①出題形式②出題量③難易度④出題領域・分野の特徴を主にみるとよいでしょう。

過去問対策をすることで、問題の傾向を掴み、自分が受けるときの問題を予測しましょう。

②配点・採用基準・求める教員像を要チェック

配点や採用基準を公開している自治体も数多くあります。自分が志望している自治体のホームページを確認し、どの分野を重点的に対策すればいいのか戦略を練っていきましょう。

また、各自治体によって求める教員像が少しずつ異なります。必ず確認し、求める教員像に合わせて面接などで自己PRできるよう準備しましょう。

③最新の教育トピックを見逃さない

最近の教育トピックは小論文のテーマとして取り扱われる可能性が高いです。

2018年10月25日発表『平成29年度「児童生徒の問題行動・不登校等生徒指導上の諸課題に関する調査」』や、第3期教育振興基本計画、2019年1月25日発表『新しい時代の教育に向けた持続可能な学校指導・運営体制の構築のための学校における働き方改革に関する総合的な方策について(答申)』は注目度が高いでしょう。

2018年夏教員採用試験の出題状況

2018年夏教員採用試験の出題状況をまとめました。2019年度も同様の傾向になるかと思いますので参考にしてください。

(当日パワポ資料よりEDUPEDIA編集部が作成)

それぞれについてより詳しく見ていきます。

教育時事・ローカル問題

千葉県千葉市・東京都は教育時事・ローカル問題が必出です。埼玉県さいたま市は例年必出でしたが2018年夏は出題されませんでした。千葉県千葉市・東京都は教育時事を得点源にしていきましょう。

自治体別に見ると、千葉県千葉市は新学習指導要領が必出、学級経営が頻出です。埼玉県・さいたま市は生徒指導が4年連続で出題されています。

教育心理

教育心理は様々な分野から万遍なく出ています。「発達」「学習」「性格と適応」「カウンセリング」「教育評価」が頻出です。神奈川県・横浜市・川崎市・相模原市・東京都受験者には得点源になる領域です。

教育原理

教育原理の分野の中では「学習指導要領」が最も重要です。なかでも総則が問われるのでチェックしましょう。

教育法規

教育法規の分野の中では、東京都は「教員の服務」など教職員に関する法規が必出です。かなり高難度なので入念に対策しておきましょう。

埼玉県さいたま市は例年正誤判定でしたが、昨年は空欄補充が中心になりました。

「学校教育法第34条(教科用図書・教材の使用)(2018年5月改正法成立)」「障害者差別解消法」(2016年4月1日施行)「教育機会確保法」(2017年2月14日施行)といった比較的新しい法規は出題可能性が高いです。

実際の試験に向けて

試験までに対策したいこととして、①願書②論作文③面接があります。特に①願書については、面接の基本資料になるため時間をかけて念入りに取り組みましょう。②論作文は文章に自信があるだけではうまく書けないので、熱意をもって、なおかつ論理的に文章が書けるように練習しましょう。

3 教員養成セミナーのご紹介

時事通信出版局が発刊している、月刊『教員養成セミナー』は、教員採用試験を受験する人のための総合情報誌です。教員採用試験に出るトピック、自治体ごとの試験データ、最新の出題傾向分析に基づいた演習問題など、常にタイムリーな話題を提供しています。こちらぜひご利用ください。

4 編集後記

教員試験対策について網羅的に説明してくださったので、教員採用試験の受験を検討している方にはぴったりのイベントだと思いました。教員採用試験対策に本連載記事が役立てば幸いです。(取材・編集:EDUPEDIA編集部 大森友暁)

5 関連記事

教員採用試験対策関連の記事は、「教師になりたい人」の毎日を応援するEDUPEDIA for STUDENTに多数ございます。関連記事はこちらよりご覧ください。

コメント

コメントはまだありません

    より良い実践のためには、あなたの励ましや建設的な対案が欠かせません。
    ログインして、ぜひコメント欄をご活用ください。