無料で借りられるDVD教材〜NHKティーチャーズ・ライブラリー〜

GOOD!
838
回閲覧
12
GOOD

作成者:watanabe watanabeさん

1 はじめに

本記事は、NHKティーチャーズ・ライブラリーの内容を引用・加筆させていただいたものです。NHKティーチャーズ・ライブラリーが無料で学校に貸し出しているDVD教材の紹介をしたいと思います。

2 NHK ティーチャーズ・ライブラリーとは

①無料でNHKの番組を学校現場に

ティーチャーズライブラリーは、NHKが放送した膨大な番組の中から、学校教育に役立つものをDVDにして学校現場に無料で貸し出すサービスです。NHKの映像資産を社会還元する事業の一つとして2009年に始まりました。学校教育番組だけでなく、NHKスペシャル、仕事ハッケン伝など、ネットで見ることのできない一般番組を数多くそろえており、小学校から大学までの授業に対応しています。また千葉県教育センターをはじめ全国の教育センターでも研修で配布頂いています。

②迫力のある映像を教室で

高画質のDVDですので、ネット環境がなくてもご利用いただけます。授業の実践を通して、「高画質高音質の迫力ある映像は子供の心を強く動かし、感動させることができる」と報告されています。

貸し出し番組は、学校教育に必要とされるテーマについて現場の先生方のご意見を伺い、利用された方の要望も取り入れつつ、すぐれた番組を厳選しています。

③貸し出し番組は255タイトル

平和学習や修学旅行の事前学習向け番組、職業観勤労観を培う番組が多数ある他、道徳の時間に活用できる「命」「いじめ」「異文化理解」などの番組、情報、防災、環境などの番組も充実しています。毎年20本程度を新しく追加しています。
(貸し出し番組一覧はこちら)

3 DVDの紹介〜7つのカテゴリー〜

番組は大きく7つのカテゴリーに分かれています。授業のねらいやテーマにそってお選びください。

①平和

広島・長崎・沖縄など、平和学習や修学旅行の事前学習などにおすすめです。『NHKスペシャル』や『NHK特集』などを通して、原爆や平和を学ぶことができます。
(「平和」に関するDVDの詳細はこちら)

②キャリア

職場体験学習、キャリア教育だけでなく、生き方を考える授業にも活用できます。『仕事ハッケン伝』、『あしたをつかめ 平成若者仕事図鑑』、『プロフェッショナル 仕事の流儀』などを通して、職業観や勤労観を学ぶことができます。
(「職業観」に関するDVDの詳細はこちら)
(「勤労観」に関するDVDの詳細はこちら)

③ともに生きる

命・生き方、いじめ、差別などのテーマで、道徳の時間などの授業におすすめです。『みんな生きている』、『ハートネットTV』、『道徳ドキュメント』、『中学生日記』などを通して、「命・生き方」「共生」を学ぶことができます。
(「命・生き方」に関するDVDの詳細はこちら
(「共生」に関するDVDの詳細はこちら)

④情報

情報化社会を生きる知恵と、表現やコミュニケーションの技術を育むことができます。『NHKスペシャル』、『課外授業 ようこそ先輩』、『週間ニュース深読み』、『スーパープレゼンテーション』、『伝わる極意』などを通して、「情報リテラシー」、「表現・コミュニケーション・プレゼンテーション」を学ぶことができます。
(「情報リテラシー」に関するDVDの詳細はこちら)
(「表現・コミュニケーション・プレゼンテーション」に関するDVDの詳細はこちら)

⑤防災

自然災害のしくみや実態を扱った番組、防災意識を高めるために役立つ番組です。『NHKスペシャル』、『証言記録 東日本大震災』などを通して、自然災害や防災を学ぶことができます。
(「防災」に関するDVDの詳細はこちら)

⑥環境

地球温暖化、生態系破壊、廃棄物など、環境問題の実態を学べる教材です。『ティーンズTV』、『ど〜する?地球のあした』、『サイエンスZERO』などを通して、環境問題を学ぶことができます。
(「環境」に関するDVDの詳細はこちら)

⑦学ぶ楽しさ

いつもの「勉強」とは一味違う切り口で、学ぶ意欲をかきたてることができます。『NHKスペシャル』、『サイエンスZERO』、『大科学実験』、『漢詩紀行』などを通して、学ぶ楽しさを知ることができます。
(「学ぶ楽しさ」に関するDVDの詳細はこちら)

4 利用方法

利用は無料でインターネットからお申し込みいただけます。利用開始日の1か月前から受け付けています。1回(1人)につき、3枚までの貸し出し可能です(同一タイトル複数枚も可)。貸し出し期間、最大1か月です。

(利用方法の詳細はこちら)

コメント

コメントはまだありません

    より良い実践のためには、あなたの励ましや建設的な対案が欠かせません。
    ログインして、ぜひコメント欄をご活用ください。