バトンタッチの練習

子供たちにバトンタッチの練習をさせたい場合、運動場1周を使ってやると、繰り返すには体力と時間がもちません。短時間で効率的にバトン練習をする方法が「ピストンバトン」です。

  1. 下図のように配置して、青矢印方向に走り、第一走者から第二走者にバトンパス。
  2. 第二走者が矢印方向に走り切った後、第三走者が入ると、下図のようになります。
  3. 赤矢印の方向に走って再び、第二走者から第三走者へバトンパス。
  4. 第四走者が入る・・・
  5. これを繰り返します。最終走者が第一走者にバトンパスをして、1セットが終わりです。

5〜7セットぐらい繰り返すと上達してきます。

小学生なら、3メートル手前ぐらいにミニコーンでも置いておいてあげると、それを目安にしてスタートすれば、きれいに加速をしてバトンが渡ります。

最初は戸惑いますが、教師が「次、3番走者」と、声をかけてあげると円滑に進みます。

The following two tabs change content below.

EDUPEDIA運営部

26
piston.jpg

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA