プラタナスの木 劇

「プラタナスの木」}は新教材ですので、いろいろな活用の仕方を研究したいと思いアップしました。私は、光村の教科書、第四学年「プラタナスの木」を題材として、劇化するために脚本を書きました。この劇は、6人でしました。子どもたちが楽しそうに演じている様子を感じていただけたら幸いです。ご笑覧ください。
 なお、もしも授業以外で脚本をご使用される場合は、作品の二次利用になりますので、
教学図書教会にご申請のうえ、著作権処理を行っていただきますよう、よろしくお願いします。

プラタナスの木の劇.docx

算数の正木先生が、この話と同じ考えをされていました。

先日訪れた学校の校庭の真ん中に大きな楠があった。・・・から始まるP285〜287までの内容です。

[*1] 受動から能動へ 正木孝昌 氏 著

The following two tabs change content below.

SawadaTakahiro

最新記事 by SawadaTakahiro (全て見る)

32

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA