光・反射について

光による現象 反射の規則性

ねらい 光の反射の規則性を見いだすこと 

板書
小学校3年生の時に、的あてを行ったか確認をする。その当時の担任の先生の名前などを聞きながら進める。

レーザー光線を用いて、教室内で的あてを行う。
鏡の角度を考えさせる。 → 選択肢①~③を設けノートに書かせてから
挙手により確認 → 生徒に実演させる。

鏡をある角度でレーザー光線にあてたとき、反射される光の方向を生徒に指を指させる。何度か繰り返すと、大体予想が当たるようになる。

入射光と反射光、そして入射角、反射角 法線についての関係を板書

鏡を黒板中央に貼った時、みえる生徒の名前を書かせる。
かなりの生徒が、教室中央に座る生徒の顔が見えると答える。

そして、実験

見えた人に手を振るように指示する。

やはり、入射角 = 反射角になることを確認する。

振り返りシートに感想を書かせ、授業を終える

The following two tabs change content below.

五十嵐 勇介

最新記事 by 五十嵐 勇介 (全て見る)

25

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA