『樹木の気持ち』とつながろう! ~まちも里海も豊かにする樹木のはたらき~(ESD環境教育プログラム・香川県)

1 はじめに

この実践は環境省「平成25年度 持続可能な地域づくりを担う人材育成事業」内で作成された、ESD環境教育プログラムです。ここから単元計画もダウンロードできます。
 
download(『樹木の気持ち』とつながろう! ~まちも里海も豊かにする樹木のはたらき~)

2 ESDとは

ESD(Education for Sustainable Development)とは、「持続可能な開発のための教育」という意味で、持続可能な未来や社会づくりのために行動できる人の育成を目的とした教育のことを言います。環境、人権、健康福祉、多文化共生、まちづくりなどの様々なテーマがあります。

3 実践内容

ESDの要素

持続可能な社会づくりの構成概念

  • 有限性
  • 連携性
  • 相互性
  • 責任性

ESD視点で育みたい能力/態度

  • 【批判】批判的に考える力
  • 【協力】他者と協力する態度
  • 【未来】未来像を予測して計画を立てる力
  • 【関連】つながりを尊重する態度
  • 【多面】多面的、総合的に考える力
  • 【参加】進んで参加する態度
  • 【伝達】コミュニケーションを行う力

プログラムの目標

身近な樹木がどのような体と機能を持ち、どのように生活しているのかを知ることによって、樹木への親しみと関心を高めます。樹木からなる森林の働きによって、水の涵養・二酸化炭素の吸収・酸素の排出・防災及びリラックス効果などがもたらされていることを学び、森林が人間の社会に不可欠な存在であることを理解します。さらに持続可能な社会のためにまちの中にどのような自然が必要なのかを想像し、人間と自然がどう共生するとよいかという視点から、まちづくりを考えるきっかけにします。

プログラムの概要

善通寺こどもエコクラブ、香川大学、NPO、えひめグローバルネットワーク(EGN)が協働で、善通寺五岳の里市民集いの丘公園や善通寺市街で活動を行いました。樹木医の指導のもと、参加した児童が「こども樹木医」になって樹木を診断することを通して、理想の公園や、将来の善通寺の町並みを想像し、そして樹木の働きを実感することを目指しました。人間と自然の共生に重要な視点をおき、実際に元気な木や、弱った木に触れて診断を行うことで、樹木の気持ちを考えるきっかけになるようにプログラムを設計しました。また、街の中で樹木がどのような働きをしているかを批判的、多面的に考えることを通じて、まちづくりについて考えることも取り入れました。

学習指導要領との関連

  • 小学校5年生 理科
  • 小学校6年生 算数・理科
  • 中学校3年生 道徳

プログラム(単元・題材)の展開の流れ(全10時間)

download(プログラムのダウンロードはこちらから)

【引用元】

  • ウェブサイト「ESD環境教育プログラム」 ESDを知る

https://edu.env.go.jp/esd/column

  • ウェブサイト「ESD環境教育プログラム」 地域ESDプログラム(香川県)

『樹木の気持ち』とつながろう! ~まちも里海も豊かにする樹木のはたらき~

https://edu.env.go.jp/esd/program/detail_r37

4 編集後記

身近な自然について考えることが、まちづくりについて考えることにもつながる素晴らしい実践だと思いました。また、「実際に元気な木や、弱った木に触れて診断を行うことで、樹木の気持ちを考える」ことができることにも驚きました。「こども樹木医」という名前をつけることで、子どもたちもはりきって公園に繰り出して活発に自然と触れ合うようになるのだろうと思います。
(編集・文責:EDUPEDIA編集部 宇野 元気)

14

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA