見つめよう わたしたちの自然 ~ギフチョウから考える薦原の自然と未来~(ESD環境教育プログラム・三重県)

1 はじめに

この実践は環境省「平成25年度 持続可能な地域づくりを担う人材育成事業」内で作成された、ESD環境教育プログラムです。ここから単元計画もダウンロードできます。 

download(見つめよう わたしたちの自然 ~ギフチョウから考える薦原の自然と未来~)

2 ESDとは

ESD(Education for Sustainable Development)とは、「持続可能な開発のための教育」という意味で、持続可能な未来や社会づくりのために行動できる人の育成を目的とした教育のことを言います。環境、人権、健康福祉、多文化共生、まちづくりなどの様々なテーマがあります。

3 実践内容

ESDの要素

持続可能な社会づくりの構成概念

  • 多様性
  • 有限性
  • 連携性
  • 相互性
  • 責任性

ESD視点で育みたい能力/態度

  • 【協力】他者と協力する態度
  • 【未来】未来像を予測して計画を立てる力
  • 【関連】つながりを尊重する態度
  • 【多面】多面的、総合的に考える力
  • 【参加】進んで参加する態度
  • 【伝達】コミュニケーションを行う力

プログラムの目標

ギフチョウを通して、自分たちの住んでいる地域を見つめ直し、ギフチョウが生息できる地域の自然環境の希少さに気づき、愛着と誇りを育みます。自然環境を脅かす開発、ギフチョウと人間、開発と自然環境が調和する地域づくりのために、自分たちに何ができるのかを考えます。学んだことをまとめ、理由を明確にしながらお互いの考えを出し合い、発信します。地域の状況や課題を「自分のこと」として捉え、地域の人との出会いや自然観察会を通して、地域の未来をどうしていきたいかを考え、行動する力を育みます。

プログラムの概要

豊かな自然環境の中で生活している児童には、当たり前にある自然の素晴らしさを実感することがほとんどありません。その価値や大切さに気づくため、ギフチョウをテーマに授業を行います。春には生息地(市が指定した保護区)で観察などを行い、ギフチョウの生態や、なぜ薦原地域に生息するのかを学びます。違う視点で地域を見ることで、豊かな自然が人によって守られ、自然と人とのバランスよい共存が自然環境を作っていることに気づかせます。ギフチョウの保護区には工場等が隣接しており、「開発」に脅かされています。ギフチョウか人間か、児童に問いかけ、自然と人間が共存するために何ができるのかを考えます。地域に愛着と誇りを持ち、行動する力を育む授業です。

学習指導要領との関連

  • 小学校4年生 社会・理科・国語・道徳・総合

プログラム(単元・題材)の展開の流れ(全40時間)

download(プログラムのダウンロードはこちらから)

【引用元】

  • ウェブサイト「ESD環境教育プログラム」 ESDを知る

https://edu.env.go.jp/esd/column

  • ウェブサイト「ESD環境教育プログラム」 地域ESDプログラム(三重県)

見つめよう わたしたちの自然 ~ギフチョウから考える薦原の自然と未来~

https://edu.env.go.jp/esd/program/detail_r24

4 編集後記

ギフチョウをテーマに全40時間の授業をする実践です。この薦原では、それだけギフチョウが希少で大切な生き物なのだなと思いました。「ギフチョウと人間、開発と自然環境が調和する地域づくり」とプログラム目標にありますが、こういった自然と開発の問題は多くの地域で直面しているものだと思います。このような問題を考えられる素晴らしい機会だと思います。
(編集・文責:EDUPEDIA編集部 宇野 元気)

31

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA