西鳥の海に行こう(ESD環境教育プログラム・大阪府)

1 はじめに

この実践は環境省「平成25年度 持続可能な地域づくりを担う人材育成事業」内で作成された、ESD環境教育プログラムです。ここから単元計画もダウンロードできます。

download(西鳥の海に行こう)

2 ESDとは

ESD(Education for Sustainable Development)とは、「持続可能な開発のための教育」という意味で、持続可能な未来や社会づくりのために行動できる人の育成を目的とした教育のことを言います。環境、人権、健康福祉、多文化共生、まちづくりなどの様々なテーマがあります。

3 実践内容

ESDの要素

持続可能な社会づくりの構成概念

  • 多様性
  • 有限性
  • 連携性
  • 相互性

ESD視点で育みたい能力/態度

  • 【協力】他者と協力する態度
  • 【未来】未来像を予測して計画を立てる力
  • 【関連】つながりを尊重する態度
  • 【多面】多面的、総合的に考える力
  • 【参加】進んで参加する態度
  • 【伝達】コミュニケーションを行う力

プログラムの目標

「海のゆりかご」といわれるアマモ場の観察により、生物の多様性やつながりを体感することができます。また、人々の生活と海との関係(相互性)に気づき、日常生活において自然環境に配慮しようとする意識を育てます。さらに、地域のアマモ場再生の取組に学校として参加することで、地域の一員であるという意識を育み、地域の方との交流を深めます。そして、地域の自然と人のつながり、地域の文化、自然への愛着などの価値観を身に付けることができます。

プログラムの概要

小学校3年生がする「西鳥の海」の発表会に参加した2年生が、学習の見通しを持ち、アマモの種まきをし、海に返すプログラムです。その間に、アマモ場周辺に集まるさまざまな生き物の生態を知ることができます。そして、海苔づくりやイカナゴの釘煮などの地域の食文化や地域の方との交流で学んだことを他学年や地域に発信すると共に、地域の方と協力してアマモ場再生に取組みます。

学習指導要領との関連

  • 小学校3年生 社会

プログラム(単元・題材)の展開の流れ(全21時間)

download(プログラムのダウンロードはこちらから)

【引用元】

  • ウェブサイト「ESD環境教育プログラム」 ESDを知る

https://edu.env.go.jp/esd/column

  • ウェブサイト「ESD環境教育プログラム」 地域ESDプログラム(大阪府)

西鳥の海に行こう

https://edu.env.go.jp/esd/program/detail_r27

4 編集後記

アマモは、枯れてしまった海の森を蘇らすことができるという。アマモの種まきをして終わりではなく、それによって海の生態系や地域との関わりについて学ぶことができる点が良いと思った。

身近に海があり、アマモの種まきによって学べる地域は限られてくるかもしれない。しかし、それぞれの地域にはそれぞれの自然があるはずである。身近なところから学べる機会がもっとあると良い。
(編集・文責:EDUPEDIA編集部 田中 真奈)

14

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA