温暖化・エネルギーについて学び、何ができるか考えよう(ESD環境教育プログラム・岐阜県)

1 はじめに

この実践は環境省「平成25年度 持続可能な地域づくりを担う人材育成事業」内で作成された、
ESDの環境教育プログラムです。ここから単元計画もダウンロードできます。

download(温暖化・エネルギーについて学び、何ができるか考えよう)

2 ESDとは

ESD(Education for Sustainable Development)とは、「持続可能な開発のための教育」という意味で、持続可能な未来や社会づくりのために⾏動できる ⼈の育成を⽬的とした教育のことを⾔います。環境、⼈権、健康福祉、多⽂化共⽣、まちづくりな どの様々なテーマがあります。

3 実践内容

ESDの要素

持続可能な社会づくりの構成概念

  • 多様性
  • 相互性
  • 有限性
  • 連携性
  • 責任性

ESD観点で育みたい能力/態度

  • 【批判】批判的に考える力
  • 【未来】未来像を予測して計画を立てる力
  • 【伝達】コミュニケーションを行う力
  • 【協力】他者と協力する態度
  • 【参加】進んで参加する態度

プログラムの目標

地球温暖化やエネルギー問題の情報を集め、様々な視点から自分の意見をまとめ、発言し、行動する態度を養います。学校及び家庭での身近な省エネルギーの方法の体験を通して、自ら実践する力、実践の結果等を他者に伝えるためのコミュニケーション力を育みます。エネルギー問題を地域の課題として捉え活動している人のメッセージを受けて、「どんな工夫や選択ができるのだろう」など問いかけ、行動の変化と主体的な地域社会への参加意欲を高めます。日本におけるエネルギー事情や発電のしくみ、そのメリット・デメリットなどを学び、どのような供給源としくみが今後の日本社会に必要になるかについて、批判的かつ多面的に考える力を育みます。

プログラムの概要

地球温暖化やエネルギー問題を「自分ごと」にし、省エネ行動や再生可能エネルギーの利用がその解決につながることに気づき、行動へと結びつく授業を行います。エコワットを使った省エネ調査、どちらが省エネ製品かを問うゲーム等を体験し、省エネを意識すると電力使用量が変わることを学びます。学校に設置されている太陽光発電の見学や発電状況の把握から、また、小水力発電事業を実施している人のインタビュー映像から、再生可能エネルギーの特徴や可能性、地産地消エネルギーの存在を知ります。「今後どのような工夫や行動をするか」「どのようなエネルギーを選択すると持続可能であるか」についてディスカッションをし、行動につなげます。

学習指導要領との関連

  • 中学1年生 社会、技術・家庭
  • 中学2年生 理科
  • 中学3年生 社会、理科、英語、技術・家庭

プログラム(単元・題材)の展開の流れ(全7時間)

download(プログラムのダウンロードはこちらから)

【引用元】

  • ウェブサイト「ESD環境教育プログラム」 ESDを知る

https://edu.env.go.jp/esd/column

  • ウェブサイト「ESD環境教育プログラム」 地域ESDプログラム(岐阜県)

温暖化・エネルギーについて学び、何ができるか考えよう

https://edu.env.go.jp/esd/program/detail_r22

4 編集後記

このプログラムは地球温暖化やエネルギー問題についてじっくり調べ、じっくり考えながら行動へと結びつけていく実践です。子供たちの「気づき」を大切にしていく点が特によいと思いました。また、自分が実践したことを他者に伝えたり、他者の意見を聞いたりすることで、多様な考え方ができ、より一層理解が深まるのではないでしょうか。
(編集・文責:EDUPEDIA編集部 山田瑛実)

25

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA