絵画指導のポイント(児童向け資料)

こんなことに気をつけると、すてきな絵が描けます。
「校内絵を描く会」に向けて、自分らしい作品をしあげましょう。 

1 画面について

画用紙は縦に使う方がいいか横に使う方がいいか

  • 縦の絵は、バランスが崩れ、ぐらぐらと動きのある絵になります。
  • 横の絵どっしりと安定してしまいます。

そこでしか描けないものを先に描く
人間は学校でも描けるので、そこでしか描けないものを描きましょう。

描きたいものは、画面の半分より上に描く

  • 地面から描き始めると、上は空しかないのであとで苦労します。
  • 描ける人は、上から見たように(バードビューで)描いてみよう

画面を二つに分けない

  • 画面を分けてしまう、縦の線・横の線は描かない。使うなら斜めの線

描くものの大きさ

  • 同じ大きさ、同じ方向を向いている、同じ高さは、だめです。

間違えたときは

  • 下絵で間違ったときには、白の絵の具で塗って消しましょう。

2 下書き

下書きは、水性ペン、わりばしペン、絵の具など

  • スイスイ描けないので、よく見た曲がったおもしろい線が生まれます。
  • 水性ペンは、着色の時ににじむ効果が生まれます。

友達同士ならばない
絵を見合って、同じ構図の絵になってしまいます。

3 人間について

人間は6〜7頭身

  • 図工で描く人間は、頭でかっちの人間になりやすいです。
  • 「マンガの顔」にならないようにしましょう。(特に女子)

人物を、大きく描きすぎない

  • ひとつのものは、手のひらの大きさぐらいがいいです。

4 筆の使い方

適度な水分

  • かさかさ筆、にこにこ筆、泣き虫筆
  • にこにこ筆で、濃い色から順にとりながらパレットの上で混ぜよう。

筆の動かしかた

  • 筆は画面に垂直に立てて描く。
  • 横に寝かせて左右にこする「こすりがき」をしない。
  • いっぺんに長く描かないで、短く少しずつ伸ばしていくように描く。
  • 色を置く感じで動かす。
  • 特に下から上へ斜め左下から、斜め右上に。丸いものは丸く描く
  • 手首を机につけてかくのは、細かいものを描くときだけ。

5 色ぬり

色を混ぜて使う

  • チューブから出したままの色は使いません。
  • つくった色を濃いめに塗りましょう。画用紙の紙の白さが透けないくらい

パレットの小部屋にいろんな色を出す

  • 筆でチョンチョンと色をとり、画用紙にの上で色を混ぜよう。

黒、白は使わない

  • 黒は強すぎます。白は色がぼやけてしまいます。

細かい仕事と雑な仕事

  • 細かいぬり方と雑なぬり方が一枚の絵の中にあるといいです。

画用紙全部に色をつけない

  • 息苦しくなるので、適当に色をつけていないところがあるといいです。

下書きの線が見え隠れする

  • 色をぬったときに、下書きの線がところどころ見えるといいです。

明るいところ、暗いところ

  • 色は白黒に置き換えることができます。
  • うんと明るいところ、うんと暗いところを意識して色をぬりましょう。

6 背景処理について

背景の色について

  • 茶、黄色、黄緑は適さない。色が薄いので軽い絵になります。

ぬり方の工夫

  • 単調な背景で苦しいときには、塗り方を工夫しましょう。
  • 円を描くようなぬり方が、効果をあげることがあります。

7 バケツの水

パレットやバケツはきれいなものに交換する

  • めんどくさがっていると汚い色になってしまいます。

水入れについて

  • 水入れは3つの目的にわけて使うといいです。

A:大まかに筆を洗う B:きれいに筆を洗う C絵の具を混ぜる水をとる

8 仕上げ

黒や白を使うとき

  • 黒・白をちょこちょこと使うと、絵が締まります。

コンテ

  • コンテは、汚れが適当に広がるので、絵に変化が出てきます。

9 先生のお手伝い

写真を撮っておく

  • 学校で描くときに、写真を見ながら描きましょう。
The following two tabs change content below.

EDUPEDIA運営部

43

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA