幼児から高校生まで指導の基本は同じ

「幼児が分かれば、高校生でも使える基本ソフトの考え方」

ICT教材ソフトは、基本的に誰でも触れる事が一番です。

例えば、

上の画像は、用事のための教材ソフトですが、

右側の車の種類を選んでドラッグし、左側の建物の上に置くだけで、

正解であれば「○」が表示されます。

下の画像は、割り算の式の上の四角の欄に、右から選んだ数字を

ドラッグ&ペーストして正解を導き出す方法です。

2つとも、答えを導き出すマウス使用の方法は同じです。

違うのは、「問題」と「答え」が違うだけなのです。

つまり、同じシステムで動いているソフトであると言うことです。

ですから、

社会の地図や年表、国語の文書問題や漢字の説明・・・。

理科の実験や、英語の問題にも使えるという事です。

このシステムを先生方に使って頂くだけで、指導したい方向性を

先生方それぞれで指定でき、教えやすい教材ソフトとなると思います。

「ICT教材研究会」では、その様なシステムの開発もしています。

The following two tabs change content below.
25
gazou1.jpg

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA