8の字跳び 10の基本技術

3学期になると、8の字跳びへの需要が非常に多い。
校内大会がある学校も多いと思うので、これについてお伝えする。

長なわ8の字連続跳び~クラス全員成功へ
も、是非ご参照ください。

1 8の字跳びの10の基本技術

  1. 声をそろえる(低く地面を這うような声はNG。高く張りのある声で。)
  2. 列を詰める(くっつくぐらい。というよりくっつく。)
  3. 真っ直ぐ並ぶ(②と関連。縄にスムーズに入れる。特に列の後ろの方に影響。)
  4. 入り口から出口まで一直線に抜ける(意外とできない。コーンを置く練習法が有効。)
  5. 縄の真ん中まで移動してからとぶ(苦手な子は大抵手前でとんでいる。)
  6. 片足ジャンプ(できない子には無理させない。素早く抜けられる。)
  7. とんだ後は列を詰めるまでダッシュ
  8. 手は胸に(小さくなって縄に当たりにくくなる&ジャンプしやすくなる効果あり。)
  9. 列の先頭と最後には得意な子
  10. 回し手を育てる(重要。以前アップした1月の記事を参照。)

基本は全て「周りの人を楽にさせるために」という技術

勘違いしやすいのは、「いつもひっかかる子ども」に目がいってしまうこと。
実はその前の人達や、回し手に原因があることが多い。
例をあげると、
前の方が②「列を詰める」ができていないせいで
後ろの人が⑤「縄の真ん中まで移動」をやる余裕がない''
という事態。
高速の渋滞と一緒で、後ろの人ほど、前がさぼった分のしわ寄せがくる仕組みである。

縄に入れない子、苦手な子をどうするか

  • 前後を得意な子ではさむ(おすすめ。後ろの人が軽く背中を押してあげる。)
  • 苦手な子達を後ろの方でまとめ、回し手が途中からテンポを遅く回してあげる。

などなど色々ある。

目的は「よりよい学級作り」なので、苦手な子をどう指導するかは最重要課題。
一番苦しくて、一番楽しいところでもある
長くなるので、今回はここまで。

(松尾 英明)
===========================
発行者メールマガジン:「二十代で身につけたい!」教育観と仕事術
http://www.mag2.com/m/0001211150.html
発行者ブログ:「教師の寺子屋」
http://hide-m-hyde.blogspot.jp/2011/02/blog-post_5410.html

The following two tabs change content below.

松尾 英明

最新記事 by 松尾 英明 (全て見る)

114

1 個のコメント

  • ここに書いてあるようなポイントを丁寧に2年生でも十分にクラス全員を8の字連続で跳ばせることができます。是非、みなさんにも実践してほしいですね。

  • コメントを残す

    メールアドレスが公開されることはありません。

    CAPTCHA