稲佐っ子から地球人へ! 豊かさを考えよう!(ESD環境教育プログラム・長崎県)

1 はじめに

この実践は環境省「平成25年度 持続可能な地域づくりを担う人材育成事業」内で作成された、ESD環境教育プログラムです。ここから単元計画もダウンロードできます。
 
 download(稲佐っ子から地球人へ! 豊かさを考えよう!)

2 ESDとは

ESD(Education for Sustainable Development)とは、「持続可能な開発のための教育」という意味で、持続可能な未来や社会づくりのために行動できる人の育成を目的とした教育のことを言います。環境、人権、健康福祉、多文化共生、まちづくりなどの様々なテーマがあります。

3 実践内容

ESDの要素

持続可能な社会づくりの構成概念

  • 多様性
  • 有限性
  • 連携性
  • 相互性
  • 公平性

ESD視点で育みたい能力/態度

  • 【批判】批判的に考える力
  • 【協力】他者と協力する態度
  • 【未来】未来像を予測して計画を立てる力
  • 【関連】つながりを尊重する態度
  • 【多面】多面的、総合的に考える力
  • 【参加】進んで参加する態度
  • 【伝達】コミュニケーションを行う力

プログラムの目標

稲佐小が行ってきた省エネ共和国の取り組みを深め、広げるために、各省の取り組み(節電、節水、リサイクル、食料、地域環境)の内容を、実験やクイズを通して学習します。そして、学習のねらいは、それぞれの取り組みが繋がっており、個人から家庭、地域に広げなければ行けないこと、また、世界中の人々も同じ問題を抱えていること、今、私たちが行っていることが、未来の人々に影響を与えることに気づかせることです。

プログラムの概要

稲佐小が行ってきた「省エネ共和国」の取り組みを深め、広げるために、各省の取り組み(節電、節水、リサイクル、食料、地域環境)の内容を実験やクイズを通して学びます。実験内容は、オゾンによる水処理実験や足こぎ発電体験、火力モデル実験、照明比較実験などです。

学習指導要領との関連

  • 小学校6年生 総合

プログラム(単元・題材)の展開の流れ(全2時間)

download(プログラムのダウンロードはこちらから)

【引用元】

  • ウェブサイト「ESD環境教育プログラム」 ESDを知る

https://edu.env.go.jp/esd/column

  • ウェブサイト「ESD環境教育プログラム」 地域ESDプログラム(長崎県)

稲佐っ子から地球人へ! 豊かさを考えよう!

https://edu.env.go.jp/esd/program/detail_r42

4 編集後記

現代では、エネルギー問題が世界中で叫ばれています。そのような大きな問題に対しても、この実践の「省エネ共和国」のような1歩1歩が解決のためにつながっているということを実感することが大切だと思いました。様々な省エネのための実験もあり、子どもたちも楽しめるような実践です。
(編集・文責:EDUPEDIA編集部 宇野 元気)

17

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA