バウンド・ドッジボール

1 バウンド・ドッジボール

これは、数年前に特別支援学級の担任をしていた時の実践です。

対象

特別支援学級でも、一般級のレクとしても活用できます。

ねがい

ルールを守りながら、ボール運動を楽しむ。

内容

投げるチームと逃げるチームに分けます。半径5mほどのサークルの中で逃げ回るチームを、制限時間内(例えば3分)にサークルの外からバウンドして当てます。

ルール

1.逃げるチームの人が当たったら、アウトゾーンに行く。
  ただし、ノーバウンドで当たったら、当てた人がアウトゾーンへ行く。
2.規定された線からははみ出さない。出たらアウトゾーン。
3.暴言暴力をした人はアウトゾーン。

練習

1・両手で持ち、頭の上からたたきつける。
2.片足を相手の方へ向けて出す。
3.相手の顔を見る。

特別支援学級ということで、少人数かつソーシャルスキルを育むことも狙いとしているので、このような内容になりました。簡単で分かりやすく、意外に当たらないことから、苦手な子も参加でき盛り上がりました。それぞれの学級の実態に合わせて、ルールや内容を変えるなど、参考にして頂けたら幸いです。

The following two tabs change content below.

kaz

最新記事 by kaz (全て見る)

13

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA