指導要録所見と成績所見を簡単に書く方法(3年生用)(柴田克美先生)

1 はじめに

こちらの記事は、静岡県で30年間教員をなさっている柴田克美先生がホームページに掲載されているさまざまな教育実践法の中の一つを紹介しています。
http://pinokio.blog.jp/

2 実践の内容

  • 成績の所見は普段子どもたちを見ているし、座席表もとっているのである程度書けることでしょう。

 しかし、細かい部分はしかも具体的に書くとなると大変である。

  • そこで「子どもたちの振り返り」をもとにしてそれを見ながら文章化していく。これで、成績も、要録も所見はできあがりである。
  • 項目を選ぶようにすると「直近の授業だけにかたよらない」反省が書ける。面談の材料にもなる。これ一枚で要録は書ける。

以下は3年生用である。

3 講師プロフィール

柴田克美(本名)

静岡県藤枝市生まれ。
明治大学卒業後公立小学校教諭として33年勤め現在に至る。
その間、学研の「学習」「イマジン学園」連載、明治図書各雑誌の執筆、静岡出版文化会の「夏休みの友」など数々の著作がある。
「知的興奮・算数ドリル」(明治図書)はアドベンチャー算数として好評を博した。
近年は大手「アマゾン」の電子本サイトにてペンネーム剣崎克彦の名で「究極のダイエット」「雨ニ負ケ剣崎克彦詩集」「脳を鍛えて120歳」など多彩な分野へも執筆活動を続けている。
幼児教育の重要性を唱え、自分の息子は東大へ入学させている。現在、認知症の予防をするため介護施設をめぐりお年寄りに学ぶことの楽しさを届けている。静岡市在住。

近著
「教室レイアウトアイデア事典」(明治図書2014/2/21発売)

「学級&授業ゲームアイデア事典」(2014/7/25発売)

「係活動&アイデア事典(仮称)」「学級開き&アイデア事典(仮称)」(いずれも明治図書2015/2、発売予定)

4 編集後記

小学生のころ、成績表で一番気になるのは「たいへんよい」の数。その次が、成績所見でした。先生が自分をどう評価してくれているのか、メッセージとして伝えてもらえることがうれしくて、いつもワクワクしながら読んでいました。しかし、今から考えれば、全員分書かなくてはならない所見は、先生にとって負担になっていたことでしょう。その負担を、子どもたちの記入したワークシートをもとにして行うことで減らすことができるという点で、効率的な実践だと思います。参考にしていただけたらと思います。
(編集・文責:EDUPEDIA編集部 山田花)

30
柴田先生1.PNG

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA