学校教材活用法リーフレット8 長期休業の宿題

GOOD!
3892
回閲覧
78
GOOD

作成者: EDUPEDIA編集部 (Edupedia編集部)さん

1 概要

本実践は学校教材活用指導法研究会の許可を得て、当該研究会の発行する「学校教材活用法リーフレット」の内容を紹介します。リーフレットは以下のURLから無料で申し込みできます。
https://lolipop-gakko-kyozai.ssl-lolipop.jp/form/leaflet/
日々の指導にお役立て下さい。

2 リーフレットの内容

※リーフレットの一部です。
夏休み・冬休み・春休みそれぞれの長期休業の宿題を出す際のコツや気をつけること、児童・生徒のやる気の出し方、教材を用いるタイミングについてもQ&Aで丁寧に紹介されています。

3 研究会について

当該研究会では、ベテランの先生方にとっては当然の営みやノウハウが若手の先生方に伝わっていないのではないか、またベテランの先生方も自身の言動やその理由を説明できないのではないかという問題意識を持ちました。

そこで、これまであまり明示されていなかった学校教材の活用法をリーフレットにまとめました。

校内研修や若手の教師への指導のほか日々の中で参照し、授業に活かすことでよりよい授業づくりを提案しています。
活動は以下のようなものです。

  • 教材研究
  • セミナー開催
  • リーフレットの作成、配布

4 引用元

学校教材活用指導法研究会(http://gakko-kyozai.jp
主査 玉川大学教職大学院教授 堀田龍也先生
「学習効果がアップする!学校教材活用法8 長期休業の宿題」

5 編集後記

長期休業中は家族やクラブでの予定も多く入ってくるため、学習習慣を持続させるのは難しいかと思います。しかし、継続的に効果的に続けられるようにすることで、休み明けもスムーズに授業に入れます。ドリルは既に形になっている教材であるため活用もしやすいかと思います。長期休業前にはオススメな情報が満載なのでぜひ申し込んでみてください。
(編集・文責:EDUPEDIA編集部 水島淳)

コメント

コメントはまだありません

    より良い実践のためには、あなたの励ましや建設的な対案が欠かせません。
    ログインして、ぜひコメント欄をご活用ください。