授業力を高めるために(シリウス)

GOOD!
2433
回閲覧
28
GOOD

作成者:Misuzu Shimamura (Edupedia編集部)さん

1 はじめに

こちらの記事は、静岡県で30年間以上続く教員サークル、シリウスのホームページに掲載されている教育実践法の一つをご紹介しています。
http://homepage1.nifty.com/moritake/

2 実践内容

◆作業の確認

  • ノートの筆記でできたら、手を挙げ、「できました」と言う

◆ノート指導について

1.発問を視写させる。発問は赤い四角で囲む

2.自分の考えを書く

 
1. 自分の立場を書く
2. 理由を書く
3. 反対の意見に対して反論を書く

3.留意点

  • 途中で同じ仲間と相談して書かせる
  • 子どもはノートに書いてあることしか発言しないものというルールにする
  • 理由となる証拠は、教科ごと違う。

 例)国語:文中の言葉、社会:資料、算数:数字、理科:実験結果や経験

4.全員のノートに目を通す

  • 全員、教師のもとにノートを持ってこさせて、○をつける
  • 教師は意見の分布を把握する

5.単元のまとめを書かせる

  • この単元を学習して何がわかったのか、見開き2ページでまとめる
  • 子どもが何を学んだのかが、ノートにあらわれる

◆討論について

1.討論の基礎

  • 子どもはノートに書かれていることしか発言しないというルールにする
  • まず、自分の考えをノートに書く

2.リーチ発言方式

  • 自由発言で、次に発言したい子が立って待つ
  • 同じ考え同士のものが連続して発表していく
  • 同意見の発表が途絶えたら、交代して反対意見側が発表する

3.話を聞いてもらうために

  • 自分から一番遠い人の方に向かって話そう
  • 一番聞いていない人に向かって話そう
  • 「そうですよね、○○さん」のように、名前を呼んで発言しよう

4.自分の出番はいつか

  • 授業の中での自分の出番はいつかを自覚させる
  • 第一発言者、相手に対する疑問・反論、全体に問う疑問、まとめ
  • 辞書を引く、頷いて話を聞く、黒板にまとめる

5.子どもの位置、教師の位置

  • 書くときは机で、討論は黒板前でと場所にメリハリをつける
  • 討論が始まったら、教師は子どもから見えないところに移動する
  • 相談しやすいように、黒板中央に集まって討論する
  • 黒板は自由に子どもに使わせる

6.子どもへの勇気づけ

  • ノートを持ってこさせて、○をつける
  • 普段発表の少ない子が発言したら、発言後に頭を触る(なでる)
  • 発言をメモしておき、キーポイントとなった発言を後で紹介する(毎時間はできないので、できるときに)
  • 教師は討論のコーディネーターになり、話し合いの交通整理にとどまる

◆授業のことで、子どもたちに聞いてみたいこと

Q1. 討論の話し合いは、席がいいか。黒板前に集まるのがいいか。
  Q2. 一斉授業と班ごとのグループ別学習のどちらが好きか。また理由は?
  Q3. どんなときに発表してみようと思うか。
  Q4. 友達の話を聞くときに、「うん」「ああ」など反応しながら聞けるか。
  Q5. 勉強がよくわかったというのは、どんなときか。
  Q6. 自分の出番はいつですか。よい授業を作る役割には何があるだろう。
  Q7. 笑いのある授業が好きですか。笑いのない授業が好きですか。笑いがある授業にするにはどんなことに気をつけたらいいでしょう。

◆詩の暗唱について

  1. 黒板に全文を書いて読む
  2. 黒板を1回読むごとに、少しずつ消しながら読む
  3. 何度か繰り返すと、ほとんど黒板が読めないくらいになる

このように工夫することで、子供たちはとっても喜びながら詩を覚えてしまう。

3 プロフィール

静岡県教育サークル シリウス
1984年創立。
「理論より実践を語る」「子どもの事実で語る」「小さな事実から大きな結論を導かない」これがサークルの主な柱です。
最近では、技術だけではない理論の大切さも感じています。それは「子どもをよくみる」という誰もがしている当たり前のことでした。思想、信条関係なし。「子どもにとってより価値ある教師になりたい」という願いだけを共有しています。

4 書籍のご紹介

「教室掲示 レイアウトアイデア事典」(明治図書2014/2/21発売)

「学級&授業ゲームアイデア事典」(2014/7/25発売)

「係活動システム&アイデア事典」(2015/2/27発売)

「学級開きルール&アイデア事典」(2015/3/12発売)

5 編集後記

授業中の声がけや討論の流れを少し工夫するだけで、授業はぐっとわかりやすく、子どもの心をひきつける楽しいものになります。さらに、子ども主体で授業を進める一方で、教師はポイントを押さえて声がけをしたりほめることで、子供の自己肯定感も高めることができると思いました。
(編集・文責:EDUPEDIA編集部 嶋村 弥寿)

コメント

コメントはまだありません

    より良い実践のためには、あなたの励ましや建設的な対案が欠かせません。
    ログインして、ぜひコメント欄をご活用ください。