成功する音読の全て【具体編】 (鈴木夏來先生)

GOOD!
16277
回閲覧
24
GOOD

作成者:Yuki Nagakawa (Edupedia編集部)さん

1 実践概要

この記事では、徹底反復研究会の隂山先生と考える「モジュール学習と学力向上」プログラムで鈴木夏來先生が講演された内容をご紹介致します。

鈴木先生が冒頭で仰っていましたが、最終的に子どもたちの集中力upや成長へつながれば成功なのだからすべてを以下のやり方に合わせる必要はありません。むしろ、色々な学級がありそれぞれに合わせたアレンジが必要だと思います。一律な正解などないので、この記事を参考に試行錯誤を重ねその学級に合った音読習慣を確立していただきたいです。

2 音読集データ

※ 題材はすべてパブリック・ドメイン(著作権フリー)です。
  ※ 意匠:鈴木夏來 肖像画イラスト:長沼武志&鈴木夏來
  ※ 本文をコピーして使うことは構いませんが、商業目的とした利用はご遠慮ください。

3 実践内容

■ 繰り返しが重要

大事なことだから、人は覚えるのではない。意味が分かるから、人は覚えるのでもない。繰り返されることを無意識に人は覚えようとするのです。実際、音読を繰り返せば年度末にはほとんどの題材を暗唱出来るようになっています。また、過去に中島敦の『名人伝』を一度見ただけで諳んじてしまうようになった生徒も居るようです。この例から分かるように、音読を通してとてつもない集中力ととんでもない暗記力を身につけることが出来るのです。

■素読 声に出すことそのものが目的

「意味の分からないものを子どもに読ませるべきではない」という考えがあります。しかし、それはここ数十年の考えに過ぎません。昔の日本人は、素読(そどく)と言って、意味が分からなくても良いから、声に出して読むことを重んじてきました。平家物語、論語、枕草子などの名文を声に出して読んでみましょう。その音の響きやリズムそのものに、楽しさや感動があるはずです。意味が分からないからこそ、何遍も繰り返し読む。より深い意味に触れられるまで、繰り返し読みたいものです。

■まずはかたちから。正しい姿勢と、お口の体操

私は音読の前に、必ず正しい姿勢づくりを行っています。北原白秋の「五十音」で口の開きを確認していきます。準備体操のようなものです。

■机の上にモノを置かないのはなぜか?

音読の際、教科書や音読教材以外のものは机の中にしまいましょう。筆箱や国語ノートなども不要です。なぜ、しまわせるのでしょうか。それは、子どもの脳内メモリを、音読教材に一点集中させるためです。たとえばパソコンでワープロソフトを使用している際に、動画作成ソフトやホームページが立ち上がっていたりすると、文字入力のスピードが遅くなることがあります。それと理屈は一緒。音読という1つのソフトだけ立ち上げれば、そのぶん子どもの処理も速くなります。小さなことですが、効果は抜群。音読のスピードが上がり、暗唱もたやすくなるはずです。詳しくは『教室インフラ』をご参照ください。

■教材を両手で持つことのメリット

教科書や音読教材は、必ず両手で持ちましょう。両手で立てて持つことで、正しい姿勢を保つことができます。片手ですと、教材がぐらついてしまったり、もう一方の手で手遊びをするなどしたりと、集中が途切れる恐れがあります。また、教材を下に置くと猫背になり、声の向かう先が机になってしまいます。両手持ちは、これらを防ぐことにつながっているのです。なお、次のページに指を挟んでおくと、サッとめくることができます。子どもにもそれを教えましょう。

■暗唱できているならば、後ろに組ませよ

もし教材をすでに覚えているのならば、手を後ろに組ませるのはいかがでしょうか。両手が空くと、必ずと言って良いほど手遊びを始めます。指先は「第二の脳」ですから、自由にさせるのは危険。後ろで組めば、手遊びを封じることができます。腰骨も伸びますから、一石二鳥です。

■くりかえしのコツ

音読教材について、繰り返し読むことは大切です。しかし、繰り返し方についてもコツがあります。1日に同じ教材ばかり何遍も音読しないということです。

月曜日はAの教材を繰り返し読み、火曜日はBの教材、水曜日はC…と読んではいけません。子どもはすぐ飽きてしまい、スピード感や集中力に欠けてしまうからです。

1日に数多くの教材を音読し、それを繰り返すことを心がけてみましょう。1日に同教材を繰り返し読むよりも、月曜日にABCDEFGHIJ…、火曜日もABCDEFGHIJ…と、広く浅く繰り返し読んでいったほうが、音読の効果があります。納豆を1日に10パック食べるよりも、毎日1パックずつ10日続けて食べたほうが体に良いのと一緒です。

■未習の音読教材への向かい方

水曜日、未知の音読教材Kを読ませたいとします。その場合、ABCDEFGHIJKKKと、A~Jは1回ずつ読み、Kは3回ほど読ませると良いでしょう。Kは、初めてですから、ややゆっくり丁寧に。さらに木曜日にはABCDEFGHIJKLLLと未知の教材Lを2、3度ほど読ませます。既習教材は猛スピードで1回ずつ、未習教材は、ややゆっくりていねいに2、3度。そうやって、どんどん読む数を増やしていくのがコツです。

■「速い」は「ゆっくり」を包括する

たっぷりと気持ちを込めて読む「感情読み」は、スラスラと淀みなく読めるようになった後で行いましょう。速く読める人はゆっくり読むこともできますが、逆はありません。鯨や鮫は、速く泳ぐこともゆったりと泳ぐことも可能です。速く読める力があるからこそ、余裕を持って、情感を込めた読みもできるのではないでしょうか。

■教科書の音読 前倒し

教科書が配布されたら、その教科書の文学作品について前倒しでどんどん音読を重ねましょう。また、音読が必要ない単元、例えば「漢字のひろば」「図を使って説明しよう」「原稿用紙の使い方」などのテーマの授業の際も最初の10分は前倒しの音読に使いましょう。その単元の読解に入る頃にはスラスラ音読出来るようになっています。下手すると暗唱出来る子どもも居るでしょう。そうすると授業の進度も早くなり、余った時間で朗読や研究授業のようなことも出来るようになります。

■漢字のルビは、左側に

音読教材には、目線の流れに沿って、漢字のルビを左側にふります。このルビの振り方は野口芳宏氏の実践を参考にしました。まず漢字に目が行き、次いでルビを見る仕組みです。繰り返し読むうち、ルビを見ずにも読めるようになります。ルビが右にあると、いつまで経っても漢字を読もうとしません。なお、横書きの場合、同様の理由で漢字の下にルビをふりましょう。

■ルビは、灰色で薄く印字を

ルビは漢字よりも薄く、目立たない灰色などで印字すると漢字とルビが干渉し合う心配がありません。これはLD児(※)のような配慮を要する児童に特に効果的です。なお、漢字が読めるようになればルビはほとんど目に入らなくなるでしょう。低学年児童や保護者からも読みやすいと評判です。

※LD(学習障害)・・・全般的な知的発達には遅れはないが、読み、書き、計算などの能力に障害が見られることである。原因は脳の神経の問題だと言われており、親や本人が原因ではない。

記事の下部にございます学習障害、LDのタグをクリックしていただくと関連記事が検索されます。また、下記のURLは学習障害の児童の計算を支援する記事の一例になります。
http://edupedia.jp/entries/show/883
『学習障害(計算)を支援する取り組み~位を揃えること~』

■散文は、メールのように改行せよ

散文は、読みやすく見やすいところで適宜改行しましょう。それだけで難易度が下がります。読むスピードもアップし、暗唱もしやすくなるでしょう。細かいことかもしれませんが、こうした小さな配慮が大きな成果を生み出します。

■最終目標

音読集を使われる際は、慣れてきたら教師が先導したり題材名を言ったりするのはカットしていきましょう。そして、自分はカスタネットだけでリズムをとり操れるようになるのがベストです。最終的には音を取っ払って、音読した内容を書ける、読める、アレンジ出来る子どもを育てましょう。

4 講師プロフィール

鈴木夏來先生

神奈川県内教育委員会教育研究所指導主事。徹底反復研究会に所属し、NPO法人日本教育再興連盟(ROJE)教員事務局スタッフとしても活動されている。

NHK「おはよう日本」や朝日新聞など、マスコミにも多く取り上げられ、『小学教育技術』『総合教育技術』『ドラゼミ』などにおいて原稿執筆なども行なっている。長沼武志氏と共に、「楽曲カルタ」「俳句カルタ」「暗記カード」など多数の手作り教材を発明された。

鈴木夏來先生のその他の実践はこちら▽
「鈴木夏來」というキーワード の学習指導案・授業案・教材 一覧

5 編集後記

小学校の先生方の指導方法を伺っているとつい自分の小学校時代に重ね合わせてしまいます。そして、今までで小学校の6年間ほど著しく成長した時期はないなと思います。小学校の先生の醍醐味は子どもの成長が毎日のように目に見えて分かるところにあるのかなとふと思いました。だからこそ大変な毎日でも子どもたちの前では笑顔でいられるのでしょう。自分も一人でも多くの子どもの成長を願い教師のサポーターという立場で協力していきたいと思います。ぜひ今後もEDUPEDIAをご活用下さい。
(編集・文責:EDUPEDIA編集部 長川優基)

コメント

コメントはまだありません

    より良い実践のためには、あなたの励ましや建設的な対案が欠かせません。
    ログインして、ぜひコメント欄をご活用ください。