かさこじぞう ~じさまとばさまはどんな会話をしたか

学習のまとめとして、かさこじぞうの劇をすることにした。じぞうさまはどんなこをと言って、お礼を渡したのであろう。かさこ・みの・そり・つぎはぎの手ぬぐい(風呂敷)を用意して、おじぞうさんがお礼を渡すようすを劇にした。

お礼を渡すとき、おじぞうさんは、何と言って渡しただろう? 劇をやってみましょう?

おじぞうさん役は大変な人気だった。やってみたい子が多く「ハーイ、ハーイ」とそのにぎやかいこと。かさを5人の子にかぶせ、1人の子には手ぬぐいをかぶせた。

6人のかわいいじぞうさま達は、雪遊び用のそりを「じょいやさ、じょいやさ」と引っぱり、蓑を着たじさまのところをめざし、教室中を歩き回った。 そのうち吹雪が必要だろう、ということになり、「じぞうさまが近くに来たら、座って見ている子たちは、吹雪をやってね」とお願いをした。すると、座っている子たちはもう大喜び。「ブォー」「ヒュー」などと言いながら、身体ごと吹雪になって、じぞうさまをめがけていった。

ようやくじいさまの家にたどり着いたじぞうさま達は、口々にお礼の言葉を言って、品物を差し出した。

最後に、じぞうさまが帰った後について物語の続きを考えた。

じぞうさまが行ってしまった後、じいさまとばあさまは、どんな話をしたと思いますか?

書き込みノートに、話した内容を想像して書かせた。

  • これもじぞうさまのおかげだよ。じぞうさまありがとう。せめてお名前を。
  • うれしいことはいっぱいあったけれど、これほどうれしいことはなかったから、これからもじぞうさまを大切にしよう。
  • じいさまとばあさまは、あとでこんな話をしました。じいさまが、かさこをかぶせたから、こういうごちそうをもらえたんでしょうね。じいさまにかんしゃしているよ。
  • (ばあさまや)これからもいっしょにごはんを食べようなぁ。これからはみそだるや人じんを食べてくれよなぁ。
  • ばあさまのおかげだよ。ばあさまが考えつかなければ、こんないいことはなかったよ。来年はどうかな。きっと見守ってくれるさ。
  • じいさまよかったですね。じそうさまに感謝しないといけませんね。明日6人のじぞうさまにおそなえをしてきましょう。きっとおじぞうさまもよろこんでくれますよ。
  • あんまりむりなさらんでのう。これからもよろしくな、じいさま。
  • かさこぐらいでこんなに…。これで、ばあさまがうれしくなるから、ええがのう。じぞうさまありがとう。
  • よいお正月ですね。じぞうさまもがんばってくらして下さい。私たちもはたらきます。

出典:シリウス/静岡教育サークル http://homepage1.nifty.com/moritake/index.htm

The following two tabs change content below.

シリウス

25

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA