授業のチェックポイントシート

1 子どもがノってこない授業によく見られる3つのチェック

添付ファイル

↑下記の内容を、ワードのファイルにしていますので、ご活用ください。
自分の授業をビデオで録画し、チャックしよう!こんな授業になってない?

  1. 子どもが勝って気ままにしゃべる場面が多い
  2. 授業の山場がなく、同じ調子で進んでいる
  3. 一部の子だけ活躍し、その子たちだけとのやりとりに終始する

                 

2 ☆POINT1  授業のテンポが悪い!

⇒  理由をチェック!

  • だらだらと教師がしゃべりすぎる

→ 要点を短く話す、同じことを繰り返し言わない意識を!}

  • 教師の言葉や動きにメリハリがない

→ 声の抑揚、話すスピード、身振り手振りを取り入れる

  • 「聞く」「話す」「書く」「考える」活動がごちゃごちゃしている

→ 活動のねらいは?今優先すべきことは何か?一度、鉛筆を置いて考えよう。

  • 45分間の中に無駄な時間が多い

→ 限られた時間という感覚を!

(例えば,こんなところに目を向けてみては)
◯とりかかり(動き)のスピードをアップする

  • 班になる
  • ノートに書く
  • 立ち方座り方 
  • 列指名や順番指名でテンポよく 
  • 挙手はピン
  • 返事は短く「はい」
  • 立つスピード 
  • 目線や反応、うなずきを入れる

◯発問や資料提示のしかたの工夫

  • 発問の軽重による時間配分(簡単な問題はテンポアップで)
  • 資料の示し方(隠しながら)

3 ☆POINT2  授業の核(柱)が曖昧! 

⇒  理由をチェック! 

  • でたとこ勝負で授業を進めている

→ 本時でやるべきことをキーワードで書き出そう。

  • 主発問と補助発問の区別がない

→ 学習の中心内容と関連内容を整理(構造化)しておく。

  • 本時で押さえるべき内容が曖昧

→ 今日は何がわかればいいのか?

  • 教材研究が不足している 

→ 本時は学習指導要領のどこの部分に位置づくのか?

(例えば,こんなところに目を向けてみては)

  • 学習指導要領や指導書にマーカーをひく。本時のめあてとまとめを子どもの言葉で書いてみる。
  • 板書計画を書いて手元におく。あれもこれもでなく、思い切って割り切ろう。

4 ☆POINT3  教師が教えたいこと、やりたいことだけで突っ走る!

⇒ 理由をチェック!

  • 自分がしゃべったことで,教えたつもりになっていないか 
  • 一部の子とのやりとりから,すべての子が理解したと思っていないか
  • 子どものつぶやきや反応を見ているか
  • 指導案の計画通りに、とにかく進めようとしていないか

 → 可能な限り,一人ひとりの予想される反応を考える

(例えば,こんなところに目を向けてみては)

  • 発問後、深呼吸して一人ひとりの活動や反応を見てみよう、すぐに答えを求めない
  • 一人の子の考えを全体に広げる働きかけをしよう

   → A君の意見をどう思う、賛成?反対? なぜ、そう思うの? その意見に対して?
* 同じ意見でつなぐ、○や×による意思表示、「同じです」だけで終わらせない。

授業にほどよい緊張感は必要!それは教師の気迫から生まれる!!
"

37

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA