個別指導するときの教師のポジショニング

—-

授業中、課題に取り組んでいる子のそばに行き、必要な個別指導をする場面は多々あります。

今回注目するのは、その際、教師はどの角度からその子への指導をするとよいかということ。

子どもの正面からズカズカ指導する教師、背中越しに言葉をかける教師、いろいろといるのではないでしょうか。

重要なことは、この個別指導時の教師のポジショニングは、その教師の単なる癖ではなく、できるだけ効果的なものでなくてはいけないということです。

必要な意識としては

その子の特徴や、課題への取り組み方に応じてポジショニングを使い分ける!

ということです。

基本的には、以下のような使い分けが効果的だと感じます。

◆正面から指導する 

 …性格的に強気な子・その課題を得意としている子・集中できていない子

◆真横から指導する

 …性格的に弱気な子・その課題を苦手としている子・集中している子

◆真後ろから指導する

 …ちょっと手を貸してあげたいという場合のみ。 言葉は掛けない。

という3パターンである。

これは、なによりその子の立場になって考えてあげる指導の工夫ですね。

私たちだって、集中して取り組んでいるのに、ドカンと正面に立たれたくないし、真後ろから背中越しにいろいろと言われても落ち着かないし、不安になるものです。

教師と子どもの関係は、それ以前に人と人との関係です。何気ない触れ合いの場面についても、よりよいものを探っていくことは、教師の役割でしょうね。

The following two tabs change content below.
37

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA