【釜石市津波防災教育】(3・4年生)Ⅲ‐A地域の津波被害を考える-過去の津波被害を知る

1.1 授業内容と目的

本授業では、三陸沿岸における津波の歴史と津波の被害について調べ、進んで避難しようとする態度を育てることを目的としています。

津波に関する石碑や過去の津波の被害の資料を見ながら、津波の被害や被災した釜石市の様子を確認します。過去の資料などから気づいたことを発表し、今後の釜石に生じると思われる地震・津波の発生確率を確認します。

1.2 導入

(1)津波に関する石碑の写真を見て、これらを見たことがあるかを思い出させる。

→どうしてこのような石碑が建てられているのかに思いをはせる。

【写真-13】釜石市内にある石碑

1.3 展開

(1)津波の歴史年表を見て、過去に襲来した津波について調べ、気付いたことを発表する。

→岩手県に襲来した津波をピックアップしてみる

→津波はどれくらいの間隔でやってきているのか、津波による被害者はどれくらいかなどをおさえる。

【資料-07】地震・津波年表 添付ファイル

(2)過去の津波によって被災した釜石市の様子を確認する。

→津波が来ると街は壊滅的な被害を受けてしまうことを確認する

過去の津波による釜石市の被害

1896年 明治三陸地震津波による釜石市の被害 添付ファイル

1933年 昭和三陸地震津波による釜石市の被害 添付ファイル

1960年 チリ地震津波による釜石市の被害 添付ファイル

1968年 十勝沖地震津波による釜石市の被害 添付ファイル

(3)今後、釜石市に被害が生じると予測されている地震・津波の発生確率を確認する。

→近い将来、避難を必要とするような津波が襲来する可能性が高いことを知り、避難しなければならないことをおさえる。

【資料-08】今後30年間の地震発生確率(2003年発表)

1.4 まとめ

  1. 学習して気付いたことをプリントに記入する。
  2. 感想等を発表し、今日の学習をまとめる。

→近い将来、避難を必要とするような津波が襲来する可能性が高いことを知り、避難しなければならないことをおさえる

詳しくは以下のPDFをご覧ください。

添付ファイル

1.5 講師プロフィール

片田敏孝 

群馬大学大学院工学研究科

社会環境デザイン工学専攻 教授

広域首都圏防災研究センター長

岩手県釜石市の小中学校における津波防災教育を指導。

2011年3月11日に起こった東日本大震災で、地震や津波の甚大な被害を受けた釜石市では、片田先生による子どもたちへの日頃からの防災教育指導の結果、多くの子どもたちを津波の被害から守ることができた。

The following two tabs change content below.

EDUPEDIA運営部

16
3・4年生Ⅲ‐A【写真13】.gif

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA