復活させよう!地域が愛した『大久保つつじ』~空間軸で情報を整理する力を育てる~(指導案)

1.1 空間軸で情報を整理する力を育てる事例

この実践は文部科学省から許可を得て、文部科学省ホームページ上の「先生応援ページ」より転載させて頂いております。ここから指導案もダウンロードできます。

添付ファイル

単元の目標

江戸時代に栄えた「大久保つつじ」を地域の人に広めようとする活動を通して,「大久保つつじ」 を取り巻く当時の様子や「大久保つつじ」を未来のまちづくりに役立てようとする地域の取組みを 知り,地域のためにすすんで活動しようとする。

評価規準

  • 【情報収集の力】課題解決に向けて目的をもって必要な情報を収集している。
  • 【論理的思考の力】対象を複数の視点で分析したり,比較したりして考えている。
  • 【コミュニケーションの力】地域の人とすすんでかかわり,自分の思いを伝えている。
  • 【意思決定・行動力】地域に貢献できる活動を考え,力を合わせて実行している。

教材

本校の学区は,江戸時代後期から昭和初期にかけて,つつじの名所として広く知られていたとい う歴史をもつ。宅地化や戦災などにより姿を消した「大久保つつじ」をもう一度大久保の地に戻し, 「つつじのさと」として魅力あるまちづくりを進めようとする地域の願いに着目した単元である。

本単元の中心的な活動は,「大久保つつじ」を多くの人に知らせるための広報活動である。広報活動によって,改めて地域を見つめ直し,魅力あるまちづくりに携わる地域の人々の努力や工夫, 地域への思いなどを知ることにつながると考えた。また,自らの国籍などに関係なく,地域の一員 としての自覚をもち,地域社会にかかわる態度を育成したいと考え単元を構成した。

主な学習活動

単元の展開(全35時間)

本時の学習

地域でのアンケート調査の結果をマップに整理することで,エリアごとの特徴をとらえ,その 実態に応じた広報活動を考えることができるようにする。

指導事例と学習指導要領との関連

小学校学習指導要領 第 5 章 総合的な学習の時間 第 3 の 2 の(2)において,「問題の解決や 探究活動の過程においては,他者と協同して問題を解決しようとする学習活動や,言語により分 析し,まとめたり表現したりするなどの学習活動が行われるようにすること。」と示している。

体験したことや収集した情報を,言語により分析したりまとめたりすることは,問題の解決や 探究活動の過程において特に大切にすべきことである。そのためには,分析とは何をすることな のか具体的なイメージをもつことが必要となる。例えば,集めた情報を共通点と相違点に分けて 分類したり,時間軸に沿って並べたり,原因と結果に分けたり,変化や結果を予測したり,現実 社会の事象に当てはめたり,多面的・多角的に分析したりすることなどが考えられる。

 本事例は,地域住民に対して行った1000人分のアンケート調査の結果を基に,地域の実態 を把握し,その実態に応じた方法を考える場面である。エリア毎の分布の特徴をとらえるために は,他のエリアと比較したり,他の情報と関連付けたりなどの考える力が求められる。そうした 思考力を育成するためにも,地域の拡大マップにエリア毎の調査結果を落とし込み,話し合う活動を行った。

言語活動の充実の工夫 ーマップ上に整理した情報を基に話し合う活動ー

児童は,「大久保つつじ」が地域でどれくらい知られているのかに疑問をもち,地域住民に対 してのアンケート調査を行った。「データの収集→地図上への整理」を繰り返し行いながら, 1000人を超えるデータを整理することができた。本時は,地域住民に対して行った1000 人分のアンケート調査の結果を基に,地域の実態をとらえ,具体的な対策を考えるための話合い 活動を行った。

  1. アンケート調査の結果をマップに整理する。

よく知っている …緑シール 知っている …黄シール ほとんど知らない…桃シール 知らない …赤シール2. マップを見ながら地域の実態や特徴を話し合う。3. 地域の実態や特徴を踏まえ,「大久保つつじ」を広めるための方法を考える。

 

マップによる整理は,膨大なデータを可視 化しとらえやすくする。児童たちは,他のエリアと比較したり,その土地の歴史的な背景 と関連付けたりして特徴の原因等も考えてい った。マップを中心に置きながら活発に話合 いを行い,地域の実態や特徴を明らかにして いくとともに,その実態に応じた「大久保つ つじ」を広めるための方法についても,次の ように考えることができた。

「ほとんどの人が大久保つつじを知らない。で も,百人町周辺は知っている人がいる。江戸時 代大久保つつじを栽培していた鉄砲隊が住んで いたからだろうか。」 「大久保通り周辺には,外国の人が多く,ほとんど知らない。外国の人に知ってもらうには,いろいろな国の言葉で書く必要がある。」

引用元

文部科学省ホームページ「先生応援ページ」(授業資料・学習評価等)

http://www.mext.go.jp/a_menu/shotou/new-cs/senseiouen/index.htm

添付ファイル

14

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA