「指導法」としての「相対性理論」

「何も考えない、断定で事を起こさない」

これが、僕の信念でもあります。

僕は、探偵小説?の「メグレ警視」が好きなんですが、
このメグレ警視は、最後の最後まで、「断定的な考え」
で行動する事がなく、物事を客観的に捜査していきます。

「人々がどの様に動いたのか?」
「なぜ、その様に動かなければならなかったのか?」

を常に考えながら、判断を重ねていきます。

子供たちへの指導も同じじゃないでしょうか?

子供たちには子供たちなりの言い分もある。
それを聞かずして、大人のルールだけで判断をし、
結果を押し付ける事への怒りを感じる事があります。

子供たちも一人の人間であり、自分たちで判断をした結果
色々な行動に出ているはず。

親や、先生や大人のルールのみで、子供たちの行動を
判断するのではなく、子供たちの立場になって

「共に考える」姿勢が

指導者には必要なのではないでしょうか。

「人の行動は常に相対性理論」

ある行動は、
相手から見れば、良い行動に見えて
こちらから見れば、良くない行動に見える。

そして第3者から見れば、
どちらも正しいとも言えるし、間違いだとも言える。

但し学校生活の中では、生活指導には一定のルールが必要!
これは、社会生活を送る人間だからこそのルールである。

しかし学習指導では、
ルールを作ると子供たちにとっては難しい面もある。

「算数」は「算数」として解く。
「国語」は「国語」らしく解く。

一度この概念を捨てて指導するのも、子供たちにとっては、
理解しやすい授業の始まりになるのかも知れない。

算数の得意な子は、国語を算数の問題を解くように考えさせ、
国語の得意な子は、算数を国語と同じ感覚で解けるように考えさせる。

そんな工夫を、この夏研究課題にされるのはいかがでしょうか?

The following two tabs change content below.
25

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA