映像による教育プラン・もっと教室で映画を見せよう!

1 はじめに

こちらの記事は、静岡県で30年間教員をなさっている柴田克美先生がホームページに掲載されているさまざまな教育実践法の中の一つを紹介しています。
http://pinokio.blog.jp/

2 映像による教育プラン

映像を見せることは口で説明するよりも一目瞭然

それがストーリーを持ったものであれば、さらに子どもたちはその世界に入っていきます。

眼と耳を使った経験は心に刻まれるのです。

教師は映画について何も説明しない。

それぞれが受け取る程度に応じて説明しない方が心に染みる体験となります。映像そのものにメッセージが含まれているからです。

いい映画をたくさん子どもに見せたい

映画の教育的効果を考え、以下のような作品を選定しました。

随時、子どもたちに映像を提供し、心のたがやしを図っていきたいです。

なお、選考基準は文部科学省選定にとらわれることなく教師自身が感動したもの、現在の子どもたちに夢を持って欲しい、あるいは伝えたいという強い願いを選考のよりどころとしました。

3 講師プロフィール

柴田克美(本名)

静岡県藤枝市生まれ。明治大学卒業後公立小学校教諭として33年勤め現在に至る。
その間、学研の「学習」「イマジン学園」連載、明治図書各雑誌の執筆、静岡出版文化会の「夏休みの友」など数々の著作がある。
「知的興奮・算数ドリル」(明治図書)はアドベンチャー算数として好評を博した。
近年は大手「アマゾン」の電子本サイトにてペンネーム剣崎克彦の名で「究極のダイエット」「雨ニ負ケ剣崎克彦詩集」「脳を鍛えて120歳」など多彩な分野へも執筆活動を続けている。
幼児教育の重要性を唱え、自分の息子は東大へ入学させている。現在、認知症の予防をするため介護施設をめぐりお年寄りに学ぶことの楽しさを届けている。静岡市在住。

近著
「教室レイアウトアイデア事典」(明治図書2014/2/21発売)

「学級&授業ゲームアイデア事典」(2014/7/25発売)

「係活動&アイデア事典(仮称)」「学級開き&アイデア事典(仮称)」(いずれも明治図書2015/2

4 編集後記

子どものときに多くの映画を見ることはとても大切なことだと感じます。さまざまな物語に触れ、多くの登場人物に出会い、子どもたちの心はたがやされるのだと思います。

映画を学校という場所で見ることにも意味があるのではないでしょうか。見終わってから友だちと感想を言い合う子もいれば、胸にそっとしまう子もいるかもしれません。1人1人印象に残るものはそれぞれで、ある場面や登場人物の特徴的な声、セリフなどは大きくなってからも記憶に残っているものだと思います。子どもたちが映画を見て何を感じ、大きくなってから同じ映画を見たときはどんなことを感じるのか、とても気になります。子どもたち自身が、大きくなってから別の見方に気づいたときに、また1つ成長できるのかなと楽しみに思います。

(編集・文責:EDUPEDIA編集部 澁川万結子)

25
柴田先生1.jpg

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA