「サッカー」インステップキックの練習その2

GOOD!
6446
回閲覧
56
GOOD

作成者: matsui (Edupedia編集部)さん

突然ゲームをしても、うまくはなりません

学校体育でサッカーボールを十分に蹴る基礎練習の機会は意外に少ないのではないかと思います。ボールを投げる練習も少ないですが、サッカーボールを蹴る機会はさらに少ないように思います。しっかりと練習もせずにゲームをやらせても蹴れない子供にとっては面白くはないでしょう。

それでは、どうすれば、効率のよい練習ができるのか・・・・壁に向かって蹴ります。2年生ぐらいからさせても効果はあります。


  1. 「「サッカー」インステップキックの練習その1」と、以下のことをまず指導者ができるようになっておいてください。
  2. できれば体育館でやりましょう。球が散らからなくていいです。
  3. 体育館なら、蹴りこんでもだいじょうぶな壁に向かって蹴りましょう。バレー用の防球ネットでもあればネットを張って。
  4. コーンを目印にして、壁から垂直に10mコースあたりを始めに、5m刻みぐらいでコーンを並べて、5つほどコースを作ります。
  5. あとはひたすら、10mコースから一列に並ばせて蹴らせます。ノーバウンドで壁に到達したら合格。次のコースへ進みます。
  6. 蹴ったボールは自分で取りに行かせればいいですが、人の蹴ってくるボールには十分注意させましょう。
  7. ボールは自分でトスをして、蹴ります。「1・2の3」のリズムで蹴ります。
  8. できない子供には、「1・2の3」を教師が言ってあげましょう。「3」は強く言います。
  9. トスはそのまま蹴ってもいいし、ボールが地面に一度か二度ついてから蹴ってもOK。
  10. 始めのうちは、トスがうまくいきません。「すぐ足元、体の近くのボールは蹴りにくいよ。」と言って、体の少し前(気をつけをした位置から30cm程度)にトスを出すように指示しましょう。
  11. 始めのうちは高い位置でボールを蹴ろうとします。これも実際に手本を見せて、低い位置で蹴った方がボールは扱いやすいことを説明しましょう。
  12. 始めのうちはトウキック(つま先)で蹴ろうとします。その人には距離が出たとしても、不合格を。
  13. 始めのうちは力を入れすぎます。インパクトの瞬間だけ足首に力を入れて足の甲から膝にかけての部分を固めるようなイメージで蹴るとうまくいきます。


早い子供ならサッカー経験がなくても2分もすれば10mコースを習得します。ボールの真中をたたけば、すっと伸びたボールが飛びます。スカッとします。

最長コースまで行けば、今度は左足(きき足でない方)でまた10mコースから蹴ります。

それもできるようになったら、こんどは教師が少し浮かせたボールを投げてあげてもいいですね。10mなら、3バウンド目で20cmほど浮くぐらいのボールを転がしてあげましょう。ボレーキックにならない程度がいいです。


「サッカー」インステップキックの練習その1
「サッカー」インステップキックの練習その2
「サッカー」インサイドパスの練習
「ボールを単に投げる練習」は必要です

コメント

コメントはまだありません

    より良い実践のためには、あなたの励ましや建設的な対案が欠かせません。
    ログインして、ぜひコメント欄をご活用ください。