基本的な動き(サッカー・バスケ)

GOOD!
14958
回閲覧
44
GOOD

作成者: matsui (Edupedia編集部)さん

小学校の教師はバスケやサッカーを専門的に経験してきたわけではありません。短い指導期間で何でもかんでも教えても身につきませんので、難しいことはクラブチームの専門家にお任せすることにしています。授業であまり高いレベルを要求しても、できない子供たちがかわいそうというのもあります。小学校の授業レベルですから、あまり難しいことをさせるのではなく、以下のような基本的な技術に絞って指導しています。

1 前に立つ

相手の前に立つだけで、上手な人でもパスやシュート・ドリブルにミスが出ます。ディフェンスの基本です。できればゴールと相手を結ぶ線の上に立つといいです。

2 パスアンドラン

パスをしたらすぐに走ってもう一度パスをした相手からパスを受ける。敵のマークをはずすのに有効です。いわゆるワンツー攻撃の基本です。この技術を身につけると、2人で共同的にゲームを進めることができます。

3.パスは相手を動かして

小学生にパスをさせると今相手が立っている位置にパスを出そうとします。そうすると、パスが届くまでの間、受け手はそこで待っておかなくてはなりません。それでは試合が動きませんし、敵はパスをカットしやすくなります。パスは人をめがけて出すのではなく、人が走りこむスペースに出すということを練習させて体で覚えこませましょう。

3 パスカットをされない動き その1

パスを出されると、ついついゴールに向かって走りたくなりますが、それはノーマークがはっきりとわかっているときの話です。パスを出された場合は、基本的にはマークがついていてどこからかカットしに来ると考えて「相手よりも先にタッチ」です。つまり、できるだけボールに近づいてキャッチです。

4 パスカットをされない動き その2

相手の目をくらますように、直線的な動きをせず、マークをはずします。弧を描くように走ると攻撃のバリエーションが広がります。

単純といえば単純ですが、これらの動きをしっかりと身につけさせるだけで、ぐっと試合のレベルは上がるし、チームプレーらしくなってきます。

※ 1〜4は共にバスケにもサッカーにも通じる動きですが、サッカーでは体得しにくい技術です。バスケットをサッカーより先に指導するように年間指導計画を立てておけば、バスケで習得した技術がサッカーで生かされます

----

子供たちには以下のような言葉に図を添えて、掲示物も作って指導しています。

基本 1. 前に立つ

敵の前(ゴールと敵をむすんだ線の上)に立つだけで、プレッシャーがかかります。プレッシャーがかかるとパスやシュート・ドリブルを失敗します。ディフェンスの基本!

基本 2. 先にタッチ

味方よりも先にボールにさわりに行きます。何でもかんでもボールに近づいていくのはまちがいですが、

  • ここという場面にカットをしにいく時
  • パスを受ける時

は、特に1歩でもボールに近づきましょう。

基本 3. パスアンドランpass and run

パスを出したらすぐにパスを受ける側に回るため、スペース(できれば前)に向かって走り出します。

基本 4. ワンツー

二人でパスアンドランを決めることをワンツー攻撃と言います。パスワークの基本です。

基本 5. スペースにパスを出す

パスを味方に向かって出すと、パスが味方にとどくまでの数秒間、味方は動けません。味方がこれから動く場所(スペース)に向けてパスを出し、味方を走らせます。

基本 6. フリーになっておく

何でもかんでもボールをさわりにいくのではなく、敵のマークをはずしてフリーになっておくとパスがまわってきやすいです。

基本 7. バックパス

パスは基本的には前に出すものですが、無理なときはいったん後ろにもどしましょう。

基本 8. ゴール前につめる・・・バスケなら、リバウンド

味方(敵)がシュートを打ったとき、すかさずゴール前につめます(走りこみます)。ゴールキーパーがはじく、ディフェンダーに当たる、ゴールに当たってはね返る、など、チャンス(ピンチ)がもう一度おとずれることがあります。チャンスを逃すなー!

基本 9.(サッカー) ハイエナでいこう!

ハイエナという生き物は、ライオンがつかまえた「えもの」ののこりをコッソリといただくちょっとセコイやつです。サッカーはハイエナでいきましょう。ボールがこぼれてきそうな所、パスがうけやすい場所でコッソリと待っておきましょう。

基本 10.(サッカー) たてパス

サッカーはコートが広いので、たてにパスを出すと、一気にゴールまでもっていけます。たてパスを受けるためにはコッソリとフリーになっておきましょう。

基本 11.(サッカー) 開く → センターリング

いつも真ん中あたりでパスを出していてもカットされてしまいます。いったんコーナーの方向にボールを出して、そこからセンターリングを上げるのが基本です。

コメント

コメントはまだありません

    より良い実践のためには、あなたの励ましや建設的な対案が欠かせません。
    ログインして、ぜひコメント欄をご活用ください。