よのなか科~政治・法律編~「少年法を考える(その2)」(藤原和博氏)

GOOD!
2851
回閲覧
19
GOOD

作成者: EDUPEDIA編集部 (Edupedia編集部)さん

1 はじめに

この記事は、藤原和博氏の「よのなか科」の実践の紹介です。
以下のホームページをもとに作成しています。

  • 「藤原和博のよのなかnet」内にある「よのなか科ワークシート」

http://www.yononaka.net/

  • 「全国[よのなか]科ネットワーク」内にある「WEB研修用ビデオ」

http://www.yononaka-net.com/mypage/top/index.php

2 よのなか科とは

元東京都杉並区立和田中学校校長の藤原和博氏が提唱している「学校で教えられる知識と実際の世の中との架け橋になる授業」のこと。 教科書を使った受身の授業とは異なり、自分の身近な視点から世界の仕組み、世の中の仕組みなど、 大人でも簡単に答えを出せないテーマ(「ハンバーガー1個から世界が見える」、「模擬子ども区議会」、 「少年法の審判廷ロールプレイング」など経済・政治・現代社会の諸問題)を扱う。授業の特徴として藤原氏は以下の特徴を挙げている。

  1. ロールプレイやシミュレーションなどゲーム的手法によって子ども達の主体的な学びを創造する。
  2. 大人も授業に参加することで、ともに学び合う力を付ける。
  3. カリキュラムの目的に沿ったゲストを迎え、生徒の思考回路を刺激し、ときに通常の授業では得られない種類の知的な感動を与える。

(全国[よのなか科]ネットワークより
http://www.yononaka-net.com/mypage/network/index.php

3 関連記事

よのなか科~政治・法律編~「少年法を考える(その1)」(藤原和博氏)

http://edupedia.jp/entries/edit/1644

よのなか科~政治・法律編~「少年法を考える(その2)」(藤原和博氏)

http://edupedia.jp/entries/show/1645

4 実践内容「少年法を考える(その2)~社会に対する責任について~」

よのなかワークシート「少年法を考える(その2)」

ワークシートの流れ(よのなか科ワークシートより抜粋)

①事件の概要

②模擬法廷の配置図

③自分の立場

(1)最初の自分の判定(厳罰・保護)
 ※厳罰=死刑または無期懲役 保護=比較的軽い刑で再教育し更生させる

(2)模擬法廷での自分の役割
 (検察官 弁護人 少年A 少年Aの母 裁判官 陪審員(裁判員))

(3)法廷で自分が主張したこと

④模擬法廷でのそれぞれの主張の概要

⑤自分の判定 

⑥今日の授業の感想・意見などを書いてみよう。

ワークシート

 

ワークシートPDF

ワークシート「少年法を考える(その2)」のダウンロードはこちらからどうぞ。
http://www.yononaka.net/worksheet/worksheet02/yononaka_politics_09.pdf 

授業ビデオ「少年法を考える(その2)」

「少年法を考える(その2)」のビデオは再生できなくなっていましたので、掲載しておりません。

5 関連記事

よのなか科~政治・法律編~「少年法を考える(その1)」(藤原和博氏)

http://edupedia.jp/entries/edit/1644

よのなか科~政治・法律編~「少年法を考える(その2)」(藤原和博氏)

http://edupedia.jp/entries/show/1645

6 実践者プロフィール

 藤原和博氏 教育改革実践家

1955年生まれ。78年東京大学経済学部卒業後リクルート入社。東京営業統括部長、新規事業担当部長などを歴任。93年からヨーロッパ駐在、96年から同社フェロー。03年4月から杉並区立和田中学校校長に、都内では義務教育初の民間人校長として就任。キャリア教育の本質を問う[よのなか]科が『ベネッセ賞』、新しい地域活性化手段として「和田中地域本部」が『博報賞』、給食や農業体験を核とした和田中の「食育」と「読書活動」が『文部科学大臣賞』をダブル受賞し一挙に四冠に。「私立を超えた公立校」を標榜して「45分週32コマ授業」を実践。「地域本部」という保護者と地域ボランティアによる学校支援組織を学内に立ち上げ、英検協会と提携した「英語アドベンチャーコース」や進学塾と連携した夜間塾「夜スペ」に取り組み話題に。 

7 編集後記

日本には少年犯罪において、保護という概念もあるということを知ることができました。それが良いか悪いかは別として、イギリスと日本など、国によって裁判における捉え方が違うのは興味深いです。また、模擬裁判という立場が決まっている状態で自分の主張を考えていくことは、たとえ自分の立場と違っても意見を考えなくてはいけないので非常に面白いと思いました。
(編集・文責:EDUPEDIA編集部 宇野元気)

コメント

コメントはまだありません

    より良い実践のためには、あなたの励ましや建設的な対案が欠かせません。
    ログインして、ぜひコメント欄をご活用ください。