「たんぽぽのちえ」板書例と授業の流れ 全時間

GOOD!
404
回閲覧
25
GOOD

作成者:matui hiroshi (Edupedia編集部)さん

挿絵を中心にして板書


黒板に挿絵を拡大してその周りに板書し、児童も同様に挿絵を真ん中に印刷したプリントを中心にしてキーワードを関連付けています。私の板書と自分の関連付けを上手にミックスさせている児童が半数ぐらいいます。残りの半数は私の板書をうまく取り入れることができませんでした。2年生には少し難しい課題なのかもしれません。何人かの児童は私の板書よりも詳しくまとめてくれているので、児童のプリントの方をアップロードしています。このように挿絵を中心にして板書やノートを書くことについては、下記の記事をご参照ください。
国語のノートを絵を中心にしてまとめさせる

光村教育図書の国語では2年生になり、初めての説明文で、少し長い目で難解な「たんぽぽのちえ」が登場します。

A4用紙の真ん中下あたりに挿絵を印刷してあげた教材を作ってあげて、それにキーワードを書き込んでゆく形で授業を進めています。
キーワードをどのように図に集約していくのかは、下記リンク↓もご参照ください。
たんぽぽのちえ(説明文)をキーワードを中心に学習する

板書例(子供のプリント)


「たんぽぽが咲く、そして・・・」



「じくが起き上がり、地面に倒れるのは・・・」



「じくが背を高くします・・・」



「晴れの日と雨の日の違い、そしてまとめ」


図に表して集約してゆくと、結局、いろいろな工夫は
「新しい仲間を増やすため」
ということに気が付きやすくなってきます。

コメント

コメントはまだありません

    より良い実践のためには、あなたの励ましや建設的な対案が欠かせません。
    ログインして、ぜひコメント欄をご活用ください。