カードゲーム~ラッキーカードでヤル気を倍増

1 陣取りゲーム

おそらく小学校の先生にとって、1番しやすいのはカードを使ったゲームでしょう。

カードを使ったゲームは数えられないほどありますが、私が実際にしてみた中から、小学校の先生に1番受けた「陣取りゲーム」を紹介します。

身分、職業の聞き方、What do you do?を例に書いてみます。

準備する物は、pilot, chef, farmer, teacher, doctor, student, fire fighter,police officer, carpenter, singer, dentist などの職業のA4のピクチャーカードです。

2 ルール

1. 黒板にピクチャーカードを端から端まで並べます。

2. クラスを2つに分けます。

3. 黒板の両端が、それぞれのチームの陣地だと伝えます。

4. 陣地に、常に2人ずつ出ておくように指示します。

5. 先生の”Start!”の合図で、各チームの最初の児童が端から順番にピクチャーカードを指しながら、I’m a pilot. I’m a chef. のように言って、相手の陣地めがけて進んで行きます。

6. 2人が出会ったところで、Rock, Paper, Scissors! (じゃんけん)をします。

7. 勝った児童は、そのままI’m a student. I’m a fire fighter. のように言って進みます。 負けたチームは、次の児童が端から順番に、職業を英語で言いながら進みます。

8. 6と7を繰り返します。

9. 先に相手の陣地にたどり着いたほうのチームの勝ち!

子どもたちは、このゲームが大好きで、なかなか止めようとしません。(研修に参加された小学校の先生も同じでした!)

職業のテーマは、Genki English CD4に入っています。
http://genkienglish.net/whatdoj.htm~

歌には10の職業が出てきますが、私の教えた5,6年生は、歌とプロジェクターの楽しい画像のおかげで すぐ覚えてしまい、ゲームでは「宇宙飛行士」や「保育士」などさらに自分たちの言いたい職業を加えてしました。

ピクチャーカードは、Genki Englishの歌のページからダウンロードできるので、すぐに準備が出来ます。 リアルピクチャーカードといって、絵ではなくて写真(きれい、面白い、とてもいい!)もあるので、楽しい授業の工夫がいろいろできます。

「英語ノート」の将来の夢の授業でも、使えます。 ぜひお試しください。

15

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA