クラス写真の楽しい撮り方!

—-

「クラス写真に,そのクラスの形が表れる」

と言えば,ちょっと言い過ぎのような感じではありますが,やはり写真の印象とは大きいものです。

だから,年に何回か撮るクラスの集合写真は,できるだけいい写真にしたいですよね。

しかし,そんな教師の思いとはうらはらに,撮影のときはめんどくさがる子やふざける子がいるもの。また,30人近くがぱっときれいに並ぶのは難しい。結果,まとまりのない写真になってしまうこともあります。

「ほら!早く並んで!」

「いい顔しないと!笑って!」

シャッターを構えている先生ばかりが元気です(笑)

クラス写真を楽しく撮り,いい写真にするために,

学期始めに,クラス写真を撮るときの並び方と掛け声を決めておく!

ということをお勧めします。

まず並び方。

基本,横に3列でしょう。30人学級なら10人ずつ3列。その1列は,生活班5人を2班ずつ,などとすると子どもたちも覚えやすい。名簿順とするとさらに覚えやすい。

さらに,そのクラスの雰囲気にもよるが,男子と女子を交互に並べるようにするといいですね。

男子と女子が別れた写真が多い中で,とても仲のよいクラスに見えます。

並び終わったら,仕上げに「中央の○○さんにもっと近づいてごらん」というと,全体が中央にぎゅっとまとまります。

次に掛け声。

基本,語尾が「い~」と伸びる言葉を掛け声とすること。そうすると,自然と口が横に開き,みんなが笑顔の写真になります。

「せーの!」

「ポッキ~~~!」

コツは,クラスみんなが共通で好きな@{「○○い~~!」}を見つけることですね。

私は,クラスの子どもの名前を掛け声にしたりしていました。

「いつもくだらないダジャレを言うのは?せーの!」「たかし~~!」

こうして撮れたいい写真は,ずっと残るものです。

学期始めに,この形をクラスで決めておけば,いざ遠足やお楽しみ会などでクラス写真を撮ろうとなったときも,パッといい写真が撮れるようになります。

The following two tabs change content below.
15

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA