10回足し、10回引き


27

1 簡単にできるトレーニング

下図のように、10回(実際の筆算回数は9回)足せば×10、10回引けば(実際の筆算回数は9回)10分の1と、きりのいい数字になります。

これを本気で筆算の習熟に役立ててもいいし、ちょっとした好奇心をくすぐるのに使ってもいいと思います。

計算力はもちろんのこと、根気を育てることにも役立ちます。「縦をそろえる」「定規を使う」といった筆算の書き方の訓練にもなります。

2段目あたりで間違うとダメージが大きいので、子供もよく集中して取り組みます。最後は10倍あるいは10分の1になるので、自分で間違っているか合っているかもわかります。

教師が全部答え合わせをする場合は、面倒なので、黄色(半分)と桃色(直前)の所をチェックすれば十分だと思います。

The following two tabs change content below.

EDUPEDIA運営部

zikkai.jpg

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA