新しい教材の方向性

新しい教材の方向性

「ICT教育」での「タブレット」をどういかしていくか?

そうして、先生方が簡単にかつ指導しやすく生徒に分かりやすい
教材を求められた場合の一つのサンプルとして提案します。

生徒が触れながら、自分で理解をしながら学習を進めていく。
そんなヒントになればと思っています。

「新しい教材」

The following two tabs change content below.
25

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA