「みんなのなやみ」目標・努力で道徳開き(坂本哲彦先生)

1 はじめに

 この記事は、坂本哲彦先生が運営されているホームページ、「坂本哲彦 道徳・総合の授業づくり」から引用させて頂いたものです。坂本哲彦先生のホームページはこちら→http://sakamoto.cside.com/

2 この記事で紹介する実践

資料

『みんなのなやみ』(重松清 理論社)

●この本は、理論社のホームページの『10代の悩み相談室』コーナーにメールで寄せられた質問・相談に対して、重松清氏が回答したもの。取り上げるのは、5章「大人の常識って正しいの?」の中の「『がんばる』意味」の相談

「まじめに悪いことをせず、勉強しろとよくいわれるけれど、不安定なこの時代、本当にそうしたからって幸せになれるんでしょうか? 一生懸命がんばって意味はあるんですか?」(P.160 1-5行)の問いについて、重松氏が回答した文章をもとに資料を構成する。

対象

小学校5・6年

ねらい

 貴子さんの相談について話し合うことを通して、頑張ることの意味について理解し、より高い目標を立て、くじけないで努力する意欲を高める。1-(2)

3 学習内容

重松清氏が述べる「一生懸命頑張ることの意味」

・ 人間としての足腰が鍛えられること

・ 負けとその悔しさを知ること

・ 負けから立ち直るきっかけのストックを持つこと

・ しぶとくてタフであること

自分なりの「一生懸命願張ることの意味」

・ 自分なりの目標

・ 自分なりの頑張り度

4 学習過程

(60分授業)

相談を読んで話し合う。(15分)

発問1:「貴子さんの相談について、重松氏の回答を読む前に、みんなで話し合いましょう。あなたなら、どう答えますか?」

※ (1)同じ悩みをもっており、特に回答が思い浮かばない(分からない)とする子ども
  (2)頑張ることに意味はないとする子ども
  (3)頑張ることに意味があるとする子どもに分けて、考えを出させる。

ここで、しっかり個人個人の考えを持たせておかないと、あとの重松氏の回答を受け止めることができない。みんなで合意するような話し合いではなく、論点の整理をする話し合いとする。NHKのしゃべり場のような雰囲気が出るといい。

※ (2)の「意味がない」と(3)の「意味がある」の理由を出させ、明確にする。この理由は、重松氏の回答の中にも出ている。

※ 「話し合うことそのものに乗れない子ども」が出ないようにするため、貴子さんの思いを自分の具体的な生活や思いに重ねられるよう、学級の子どもの「日記」や「日頃の行動」(あるいは、事前にアンケートを取って自分なりの考えを持たせておく)などを意図的に紹介しながら、一人ひとりの子どもが「自分事」として捉えられるように工夫する。

重松氏の回答を聞いて、話し合う。(25分)

発問2:「重松氏の回答を整理してみましょう。」

※ 重松氏の回答をみんなで読む。国語ではないので、教師が主導して、重松氏の考えを要約する。
  ・人間としての足腰が鍛えられること 
  ・負けとその悔しさを知ること 
  ・負けから立ち直るきっかけのストックを持つこと 
  ・しぶとくてタフであること

※ それぞれに具体的な例(例えば、野球の練習)が出ているので、それを通して、納得できるように教師から話をまとめる。

発問3「重松氏の回答についてどう思いますか?」

※ 導入で話し合っている「自分たちの回答」と「重松氏の回答」の共通点や相違点を中心に「納得できる」「納得できない」という二つの観点から、子どもたちの意見を発表させ、その理由を発表させる。

※ 大切なのは、「理屈として回答の意味が分かること」と「体験として回答の意味が納得できていること」を子どもたちに意識させることである。そのために、発言毎に(しつこくない程度に)「その点は、頭では分かるの?」や「そんな経験が既にあったの?」などと発言者及び学級の仲間みんなに問い返しながら進める。

自分の回答を書く。(20分)

※ 貴子さんへの回答を自分なりに書く時間を設けて、授業を終える。@<u>{「自分の経験をもとに書くこと」に留意させる。}

※ 感想を学級通信などに載せて、保護者に配付することで、子ども同士の意見の交流を図る。また、学校図書館に数冊購入してもらい、朝の読書などで全員が読むようにする。加えて、保護者の方々にも読んでいただき、その感想を再度、学級通信などに載せる。

※ これらを通して、「頑張ることの意味について理解し、より高い目標を立て、くじけないで努力する」について教師、保護者、子どもたちの理解を一層確かにする。

5 編集後記

 ここで取り上げられている「『がんばる』意味」について悩んでいる10代は多いのではないかと思います。この授業で、クラスメートの意見を聞いたり、改めて自分自身に問いかけ、これまでの経験から自分なりの考えを出したりすることによって、前向きに努力する意欲を育む良い機会になることでしょう。
(編集・文責:EDUPEDIA編集部 村上多恵子)

6 実践者プロフィール

坂本哲彦(さかもとてつひこ)
山口県山口市立徳佐小学校教頭。
1961年生まれ。
山口大学卒業、山口大学大学院修了。
山口県内公立小学校教諭、山口大学教育学部附属山口小学校教諭、山口県教育庁指導主事等を経て、現職。

自身の経験を活かして、道徳実践をHP、メルマガで数多く配信している。
坂本哲彦 道徳・総合のページ
http://sakamoto.cside.com/

22

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA