九九の授業アイディア

GOOD!
39980
回閲覧
37
GOOD

作成者: シリウスさん

下記リンク先も、九九の暗礁を強力にサポートする教材なので、是非ご参照ください。
九九の暗唱が苦手な子供をサポートするプリント ~ゆっくり楽に確実に【教材】

1.指でかけ算(6~9の段、×5以上で有効)

①かけ算の式に合わせて指を握る
 両手とも小指から順に、6、7、8、9、10と指を立てていく

②7×8の場合
 左手:立てた指2本(小指・薬指)握った指3本(中指・人さし指・親指)
 右手:立てた指3本(小指・薬指・中指)握った指2本(人さし指・親指)

③十の位と一の位を計算する
 十の位=右手と左手の立てた指を足す 2+3=5
 一の位=右手と左手の握った指をかける 3×2=6

④十の位と一の位を合わせて答えを出す
 50+6=56 … 7×8の答えと同じ

2.九九パズル

①答えの書いていない九九の表を用意する

②答えを書いた一部分のカードを提示する
 例:16 20 24 、 9 12

③提示されたカードは、九九表のどの部分にあてはまるかを見つける

3.九九陣取り

①九九の表、1~9までの数字を書いたカードを用意する

②順番と自分の色を決める

③数字カードからカードを2枚選び、そのかけ算の答えを言う

④答えが正しかったら、その数が書いてあるマスは全て色鉛筆で塗る

⑤すでに塗りつぶしてあったら、相手の番になる

⑥順番にやっていって、塗りつぶしたマスの多い方が勝ち

4.九九かるた

①式のカード、答えのカードを用意する。式のカードは裏返しで山にする

②式のカードをめくって、その答えのカードを捜す

③捜したカードの枚数が多い人が勝ち

5.カードで勝負

①式のカードを用意して、二人一組でおこなう

②カードを二人で分けて、裏返しにして置く

③「いっせーので」で、式のカードを出し合う。そのとき自分のカードの答えを声を出して言う

④答えの大きい人の勝ち

⑤勝ったときには相手からカードをもらえるルールを加えてもよい

6.九九ビンゴ

①3×3マスのカード

②何の段の九九を使ってビンゴをするか決める

③その段の答えを3×3マスのカードに記入する

④教師がその段の式を読み上げる

⑤該当するマスを塗りつぶしていく

⑥ビンゴと同じように、縦・横・斜めのどれか一列が早くそろえば勝ち

7.九九しりとり

①2×6=12 2×8=16 6×8=48 8×5=40…のように、一の位の数字が次の式の初めになる

②一の位が0だったり、同じ式を言ってしまったらアウト

8.九九でフルーツバスケット

①自分の段を決めて椅子に座る

②鬼が、12 のように九九の答えを言う

③自分の九九の段の中に、その人が言った数と同じ数があれば、移動する
 この場合だったら、2の段、3の段、4の段、6の段が移動する

9.九九でパンパンパン

①教師が九九の式を言う

②答えの数だけ拍手をする
 3×4だったら12回~

③大きな段になると拍手の回数が多くなるので、拍手で十の位を表し、その後指で一の位を表す
 7×8なら、拍手を5回して指を6本出す。

10.九九で集まれ

①教師が九九の式を言う

②答えの数だけ集まる。2×3だったら6人ずつ集まる
 大きな数の場合は、一の位ので集まってもいい
 6×8なら8人ずつ集まる。

③余ってしまったら負け

11.三目ならべ

①答えの書いた九九の表、九九のカードを用意する

②二人組で順番に九九のカードを引く

③答えを塗りつぶしていって、先に3目列んだ方が勝ち

12.合わせて100になる数

①答えの書いた九九の表を用意する

②答えを合わせると100になるような数字を見つける
 例:1×1、1×9、9×1、9×9 1+9+9+81=100
   2×2、2×8、8×2、8×8 4+16+16+64=100
   いずれも4つの数字の和になる。

③この4つの数字を線で結ぶと、面白い形がたくさんできる
 例: 9 21 21 49 → 正方形
    4 36  6 54 → 長方形
   10  5 40 45 → ひし形
    2  8  9 81 → 台 形

13.九九のたし算

①九九の表を提示する

②九九の表の中から、きまりを見つけよう

③2の段の答えと3の段の答えを足すと5の段の答えになりますか
 表を見て、他の段もそのきまりになっているか確かめてみよう
 
1の段 1  2  3  4  5  6  7  8  9

2の段 2  4  6  8 10 12 14 16 18

3の段 3  6  9 12 15 18 21 24 27

4の段 4  8 12 16 20 24 28 32 36

5の段 5 10 15 20 25 30 35 40 45

 :

9の段 9 18 27 36 45 54 63 72 81

14.九九を越えて数字のきまりを見つけよう

①3の段をノートに書かせる

②3×9=27まで書いたら、その続きを考えてみる

③3×10=30,3×11=33,3×12=36…と書きながら、きまりを見つける

15.九九表の秘密

①九九の表、1~81まで順番に書いた数字を用意する

②1~81までの表の中で、九九の答えに、○をつけましょう

③九九の答えは全部で81通りあるのに、どうして○がついたのは36個しかないのでしょう

④答えの重なった式を捜してみよう

16.友達はどうやって数えたのかな

①24の☆を打った図を用意する

②☆の数をかけ算を使って計算してみましょう
 6×4、3×8、8×3、2×12…など

③友達はどんな考え方で、一つ当たりの量(基準量)と個数を決めたのでしょう
 24個の☆を基準量で囲んでみましょう
 ※ いろいろな式のできる数字を選び☆の入れると工夫するとよい

17.ならんだならんだ

①二人組を作り、九九の表(答えつき)を一枚用意する

②一人は赤、もう一人は青で印をつけていく

③順番に九九の答えの数を選んで、答えの数に印をつけていく
 例:14なら2×7と7×2に印をつける

④全部に印がついたら終わり
 自分の印がいくつ列んでいるかを数える。

⑤続けて列んでいる数の多い方が勝ち。

コメント

コメントはまだありません

    より良い実践のためには、あなたの励ましや建設的な対案が欠かせません。
    ログインして、ぜひコメント欄をご活用ください。