コロナ明け学級開きの準備をしよう〜『教育技術』2020年4/5月号「学級経営」特集〜【コロナと向き合う】

GOOD!
3499
回閲覧
5
GOOD

作成者:杷野 真弓 (Edupedia編集部)さん

1 はじめに

本記事は、【緊急無料公開】「学級経営」特集でコロナ明け学級開きの準備をしようを引用・加筆修正させていただいたものです。

新型コロナウイルスの感染拡大は教育現場にも大きな影響を与えており、対応に追われている先生も多いのではないでしょうか。EDUPEDIAでは、必要な情報が教育関係者に届くように、【コロナと向き合う】特集をはじめました。

みんなの教育技術では、『教育技術』4/5月号掲載の「学級経営」特集が2020年5月31日まで無料公開されています。『教育技術』は小学館から刊行されている小学校教員向け教育誌です。今回は、みんなの教育技術に掲載されている4/5月号掲載の「学級経営」特集をご紹介します。この記事が学級開きの準備をなさっている先生のお役に立てれば幸いです。

2 「みんなの教育技術」について

学年別教育情報誌『教育技術』は、2019年3月発売の4月号から、低学年、中学年、高学年それぞれの連続性を重視して、3誌に統合されました。誌名は『教育技術 小一小二』『教育技術 小三小四』『教育技術 小五小六』です。

このリニューアルにあわせて、全国の先生方が最新の教育情報を閲覧、発信できるポータルサイト「みんなの教育技術」がスタートしました!

90余年のバックグラウンドをもつ『教育技術』の記事に裏打ちされた、若手の先生にもベテランの先生にも役立つ情報を、スマホやパソコンで手軽に、デイリーに読むことができます。毎月の『教育技術』『総合教育技術』本誌とあわせて、日々の授業づくりや学級づくりのヒントにご活用ください。

「みんなの教育技術」はこちらからご覧ください。

3 内容紹介

「教育技術小一小二」学級経営特集

主な内容は以下の通りです。

  • 4月5月の学級担任実務
  • 学級経営の構想を立てる
  • 学級経営案をつくる
  • 学級目標
  • 二年生になって
  • 係活動
  • 当番活動
  • 朝の会・帰りの会・日直の活動
  • 安全指導
  • 一年生との交流
  • 学級開き集会
  • 運動会
  • 充実した遠足・校外学習にするために
  • 学級だよりを書いてみよう!

「教育技術小三小四」学級経営特集

主な内容は以下の通りです。

  • 学級経営の実務
  • 学級経営の工夫
  • 中学年の担任になったら
  • 学級開き
  • 学級目標は学級の「よりどころ」
  • 当番活動・係活動
  • 係活動を始めよう
  • 朝の会のプログラム&アイディア
  • 帰りの会のプログラム&アイディア
  • みんなでつくる学級会
  • 落ち着いていつも通りに~授業参観〜
  • 堂々とした態度で臨もう~保護者会〜
  • 学級通信
  • 教室環境を整えよう!

「教育技術小五小六」学級経営特集

主な内容は以下の通りです。

  • より質の高い教育をめざして「働き方改革」
  • 効率的に取り組み成果を上げる学級経営
  • よりよい1年間をスタートさせる学級開き
  • 学級会を始めよう!
  • 学級活動(3)題材名「5年生になって」
  • 委員会活動を活性化しよう
  • 6年生が中心となって創るクラブ活動
  • 異年齢集団を生かした歓迎集会遠足
  • ICTで子供たちの1年を盛り上げよう
  • 教室環境で子供たちの1年を盛り上げよう
  • 時代のニーズに応じた運動会(高学年表現)
  • 全国学力・学習状況調査を生かした学級経営
  • 家庭訪問は第一印象が大事
  • 懇談会で保護者を味方につけよう
  • 学級通信
  • 高学年の子供たちにおすすめの本

4 【教育技術×EDUPEDIA】スペシャル・インタビュー

EDUPEDIAは教育技術とのコラボ企画として【教育技術×EDUPEDIA】スペシャル・インタビューを行っています。特集ページはこちらからご覧ください。

5 編集後記

教育技術で公開されている学級経営の特集をご紹介しました。この記事が新学期の準備に当たっている先生にお役に立てれば幸いです。

(編集:EDUPEDIA編集部 杷野真弓)

6 関連記事紹介

コロナと向き合う」というキーワードの記事はこちらをご覧ください。

【特集企画】EDUPEDIA×コロナと向き合う」も併せてご覧ください。

7 関連書籍

教育技術 小一・小二 2020年 4/5月号

教育技術 小三・小四 2020年 4/5月号

教育技術 小五・小六 2020年 4/5月号

コメント

コメントはまだありません

    より良い実践のためには、あなたの励ましや建設的な対案が欠かせません。
    ログインして、ぜひコメント欄をご活用ください。