授業技術~明確な指示・曖昧な指示~(+子どもの反応例)

GOOD!
273
回閲覧
6
GOOD

作成者:大和 信治 (Edupedia編集部)さん

1 はじめに

本記事では、曖昧に捉えられる指示と、それを聞いた子どもの反応例を紹介します。(子どもは、かつての筆者を想定)

初任の頃は、指示を出しても子どもが混乱したり、自分が思っていたように伝わらず、子どもを困らせてしまったことがよくありました。

指示を聞いた子どもの頭の中を想像できず、大人の言葉で話していたのだと思います。

2 指示と子どもの反応

~学習編~

「今から計算プリントを配ります。」

・もらったら始めていいの?

・先にもらった人ズルい。

「物語を読んで、人物の気持ちが分かるところに線を引きましょう。」

・気持ちが分かるところってどこ?

・音読しながら線引けないよ。

「では、絵の具の水入れに水を入れてきましょう。」

・全員行くと行列で危ない。

・どんな順番で行くの?

・待ってる人は何をするの?

*実験や作業などで物を取りに来る場合も同様。一斉に来ると押し合いもめ事の原因になることも。物が人に当たり危ない。

(絵の具や調理実習などが終わって)「机の上を片付けましょう。」

・皿はどこに持って行くの?

・こぼれた水は何でふくの?

・斑のみんながやるから暇や。

・洗ったけど水滴がついてたらアカンのかな?

「まずは模造紙を半分に折ります。終わったら裏に名前を書きます。」

・縦横どっち折り?

・名前は鉛筆?名前ペン?

・どれくらいの大きさで書くの?

「漢字練習、終わったら持ってきなさい。」

・(持って行ったが直しが多かったので)またやり直しか、どこに気をつけるか先に言ってよ。

・マスからはみ出したらやり直しって、言ってなかったのに、、

「では隣の人と感想を交流しましょう。時間は2分間です、どうぞ。」

・どっちから話すの?

・1人2分?2人で2分?

・隣が休みだけど誰と?・・・え、もう終わり?

「〇ページの問題を宿題でやってきて下さい。」

・自力で出来なかったらどうするの?

・丸付けもするの?

・分かるまで復習もするの?

・解説と答えはくれないの?

「宿題は先生の机の上に置いて下さい。」

・重ねて置くの?

・閉じて?開いて?

・忘れた人は?

*提出場所を固定すると便利。カゴや袋を用意。

「宿題のプリントを忘れたのね。明日は持ってきましょう。」

・プリント無くした。

・やり方が分からない。

・家で聞いてもよく分からない。先生の教え方と違うし。

~生活編~

「今日は掃除がないので、ゴミ拾いをして帰りましょう。」

・何分間?

・いくつ拾うの?

・もうないんだけど。

・拾ってない人ずるい。

「朝会に行きます。廊下に並びましょう。」

・廊下の窓側?教室側?

・何列?何順?

・イスを入れるの先に言ってよ。

「給食でお代わりしたい人は来て下さい。」

・お椀はいる?

・じゃんけんしに行くの?

・みんなもらえるの?

・(前に行くときに話して怒られた)しゃべっちゃダメなんかい。

「ちゃんと謝りなさい」

・相手が悪いのに、、

・(本人は誠意を込めて謝ったのに「何がいけないの?」「それだけ?」と詰められる)「ちゃんと」って、どういうことだ!?

3 おまけ

明確な指示のための心がけ

全員に聞こえる声

活動は1つずつ

短く

言い直してもぶれない

5W2Hを明確に

全員が同じように動ける指示

モデルを見せる

ゴールがイメージできる

非言語(文字・図・絵)を活用

指示の確認

復唱させる

クイズ(~が終わった人は何をするでしょう?など)

指示内容が終わったか確認

鉛筆を置く

手を挙げる

立つ、座る

先生と目を合わせる

にやける

4 おわりに

自分では分かりやすく伝えたつもりでも、指示を出した後に、「あ、これもあった!ごめん、一旦ストップして!もう一度言います。」とやり直すことはたくさんあります。

初めから完璧を目指すのではなく、子どもの反応をみながら、よりよいコミュニケーションを心がけていきたいです。

5 関連記事

「授業運営」カテゴリーの記事一覧

授業規則・生活規則(年度当初のきまりごと)

ここ意識して、授業してみよう

コメント

コメントはまだありません

    より良い実践のためには、あなたの励ましや建設的な対案が欠かせません。
    ログインして、ぜひコメント欄をご活用ください。