【分数】【点対象】の図形問題 ~正方形を四等分する

シンプルに四等分


8×8マスの正方形を描いた図を四等分するだけの問題です。下の様な四角形の図を配ります。

分数(等分)は2年生から習い始めるので、2年生に出題してもOKだと思います。6年では点対称を学ぶので、そのタイミングでもいいですね。どんなタイミングでもその学年に応じた学びができると思います。

【問】下の正方形を4つの同じ大きさ・同じ形に分けるよう、直線を引きなさい。ただし、直線は8×8マスの正方形の頂点と頂点を必ずつなぎます。
  ※小学校では「直線」という言葉を「まっすぐな線」という意味で扱っています。

この問題を出して、描かせ始める前に、「さて、いくつぐらいのパターンが出てくるかな」と、予想させてみるのもいいですね。いくつのパターンがあるのかは、筆者である私も知りません。けっこうたくさんできるように思います。
上図のように、ひとつのパターンから、数多くの類似パターンを考え出すことができます。AからA´、AからB、Aから∀、AからZをひねり出せる力って、大事だと思います。

添付ファイル↓↓↓に空の正方形の図と、上記の例を載せておきます。

正方形を四等分.xlsx

50
正方形を四等分1.jpg

2 件のコメント

  • コメントを残す

    メールアドレスが公開されることはありません。

    CAPTCHA